【ママの体験談】いよいよ出産間近!出産に向けて臨月におこなったこと

2018/02/17 22:00
7
臨月に入り、出産が近付いてきました。私は陣痛につながるようなケアを助産師さんにいろいろ教えてもらいました。どれもメジャーではありますが、「骨盤を意識した動作」「おっぱいマッサージ」「安産体操やマタニティヨガ」など、理論とともに教えてもらえて実践。心身ともに出産に向けての準備ができました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠
出産

マタニティヨガ

 

出産予定日が近付いてくると、「赤ちゃんはいつ生まれてくるんだろう」と、自分も周りもそわそわしますよね。私も妊婦健診のたびに助産師さんに相談し、「陣痛につながるかもしれないあれこれ」を教えてもらっては実践していました。今回は、出産を間近に控えた私が臨月におこなったことをお伝えします。

 

骨盤を意識した動作

とくに出産時や産後は股関節に負担がかかりやすいということで、産前に股関節を鍛えることが大切だと助産師さんに指導を受けました。そこで、スクワット、たくさん歩く、ぞうきんがけなど、どれもよく聞く内容ではありますが、出産に向けて骨盤を意識した動作を実践しました。

 

また、私はマンションの5階に住んでいたので、上り下りともに階段を使い、骨盤や股関節を意識した運動を心がけました。ただし、手すりにしっかりつかまるなど、すべったり転んだりしないように気を付けましょう。

 

おっぱいマッサージ

早い人だと妊娠中から母乳がにじむ人がいるとのことですが、私の場合、妊娠中に母乳が出てくることはありませんでした。そのため、助産師さんに母乳のためのマッサージをおこなうべきか相談したところ、私が通っていた産婦人科は「臨月からでOK」とのこと。どちらかというと、子宮収縮のためのホルモン分泌促進が目的とのことでした。

 

産後、ママ友たちの話を聞くと、妊娠6カ月や7カ月などからマッサージをおこなうよう指導された人もいました。産婦人科によって方針が違うようなので、通っている産婦人科の先生や助産師さんに相談するといいですね。


安産体操やマタニティヨガ

私が第一子妊娠時に通院していた産婦人科には、助産師さん指導によるマタニティヨガクラスがありました。マタニティヨガの呼吸法は陣痛時の呼吸法にも応用できるため、出産のイメージトレーニングもでき、心身ともに出産に向けた準備を整えることができました。

 

また、ヨガと一緒に安産体操を教えてもらいましたが、この2つは腰痛の予防や改善にもつながるとのこと。それまで私はひどい腰痛に悩んでいましたが、安産体操のおかげで少し改善したことを覚えています。

 

 

正期産の時期に入るとより一層「早く赤ちゃんに会いたい!」と思う方も多くなるのではないでしょうか。不安なことも多々ありますが、心身ともに準備を整え、赤ちゃんを迎えたいですね。(TEXT:ママライター東慶子)

 


※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
7

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。