【離乳食のギモン】赤ちゃんはお寿司を食べられるの?

2018/01/27 20:00
赤ちゃんに生魚は厳禁です。その理由は下記のようなものが挙げられます。 酢飯の味が濃い、具材の味も濃い、野菜も生で入っていることが多い、海苔が危険などです。生魚以外にも赤ちゃんには避けたほうがいいものがたくさん入っています。

 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。たとえば、お寿司屋さんに家族で行ったとき、赤ちゃんのメニューは何にしようかと悩んだ経験はありませんか?私はありました。赤ちゃんに生魚は厳禁です。ということは、赤ちゃんが食べられるお寿司はあるのでしょうか?

 

離乳食期のお寿司はNG

残念ながら、離乳食期にお寿司は食べないほうがいいと思います。それは生魚以外のお寿司も対象です。その理由は下記のようなものがあげられます。

 

・酢飯の味が濃い

・具材の味も濃い

・野菜も生で入っていることが多い

・のりはのどに張り付く恐れがある

 

お寿司は、赤ちゃん用に作られているわけではないということですね。

 

赤ちゃんは生ものをいつから食べられる?

生ものは3歳以降が好ましいと思います。書籍によっては8歳以降と書かれている先生もいますので、必ず3歳からというわけではなく、心配なら3歳よりあとでもいいと思います。与えるときは新鮮なものを与えてくださいね。


赤ちゃんはお寿司屋さんで何を食べられる?

基本的に、離乳食期には大人向けに作られた外食や市販のお寿司を食べられません。また、ほかのメニューも大人向けですので、控えたほうがいいでしょう。たとえば茶わん蒸しやうどんがあれば、お湯で2~4倍に薄めてからあげるといいですね。

 

家で作ったお寿司の場合は?

自宅でちらし寿司などのお寿司を作ることもあると思います。そんなときは、同じ具材で味付けを赤ちゃん用にするといいでしょう。具体的には、酢飯はおかゆや味つけなしのごはんにする、錦糸卵はゆで卵や味つけなしの錦糸卵にする、具材は薄味にするなどです。

 

 

大人にとってもごちそうのお寿司ですが、離乳食期はそのままあげるのは控えるのがいいですね。節分やひなまつりには、それぞれの赤ちゃんの月齢に合わせてママが作ってあげてみてくださいね。

 


保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。