やってよかった!1歳11カ月の子どものイヤイヤ期ぐずり対策【体験談】

2018/05/17 22:00
この記事では、1歳11カ月のイヤイヤ期のお子さんをもつママが実際におこなってよかったぐずり対策についてお伝えしています。大好きだよと言って抱きしめる、子どもの言い分を否定しない、イライラをしたときは別室へ行くなどして乗り切ったようです。

イヤイヤ期の子どもをあやすママのイメージ

 

当時、1歳11カ月でイヤイヤ期だったわが子。なにを言っても聞く耳をもたず、イライラしてつい感情的になってしまうこともありました。怒鳴りつけるとぐずりはエスカレートする一方です。今回は、私が冷静になるためにおこなったこと、ぐずったときにやってよかったことをお伝えします。

 

「大好きだよ」と言って抱きしめる

なかなかぐずりがおさまらず、つい怒鳴ってしまうことがありました。しかし、そのあとに「大好きだよ」と言ってわが子をギュッと抱きしめると、ピタッと泣き止んでくれることがたびたびありました。

 

きっと自分のことを大切にしてくれている、と安心したのだと思います。私自身にとっても冷静さを取り戻すいいきっかけになりました。子ども自身も「ママは自分のことを思って叱ったんだ…」と気持ちが伝わりやすいように感じます。

 

子どもの言い分を否定しない

当時1歳11カ月だったわが子は自我が大爆発していました。特に大変だったのは食事中です。嫌いな野菜があるとお皿を投げ、泣きわめきます。

 

ついカッとなって怒鳴ってしまうこともありましたが、「なにが嫌だったの?」とわが子の話に耳をかたむけると、泣き止み落ち着くことが多かったです。

 

自分の気持ちをママにわかってもらえたと、満足するようです。どんなときでも子どもの言い分を否定しないことが大切だと感じました。


どうしてもイライラしたときは別室へ

子どもだけではなく、大人も感情コントロールが難しいときもあると思います。親子ともに頭に血が上っていると、問題は解決しませんよね。イライラが頂点に達するまえに、まずは冷静さを取り戻すことが必要だと痛感します。

 

私の場合は別室へ行き、深呼吸をしてイライラを落ち着かせていました。またお茶を飲んだり、自分のほっぺたをたたくのも効果的でした。落ち着く時間を確保することも大切だと感じます。

 

 

「早くしなさい!」など、子どもを突き放して怒ってしまうのは、不愉快な感情を子どもにぶつけているだけだと気づきました。子どもが何歳になっても「向き合うこと」はこれからも変わらず大切なことだと感じています。


著者:田中由惟

一男一女の母。二人目の出産を機に食品会社を退職。現在は子育てのかたわら、記事執筆をおこなう。趣味はスポーツとピアノ、美味しいものを食べること。


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。