【ユニクロ】何着あっても大活躍!「ベビーレギンス」はこう選ぶ!

2018/06/07 21:00
40
ユニクロのベビー用レギンスを赤ちゃんの頃から活用しているママの体験談。買うときは「ワンサイズ大きめ」の「10分丈のもの」を購入するようにしているそうですよ。
カテゴリ│
グッズ
中カテゴリ:
ベビー服
ユニクロ

ユニクロのベビーレギンス

 

ベビー用から大人までさまざまなアイテムを扱っているユニクロ。数多くの商品の中で、有名なもののひとつにベビー用のレギンスが挙げられるのではないでしょうか。第一子が小さなころから、長く愛用してきたわが家の使い方を紹介したいと思います。

 

【わが家の使い方①】メインは10分丈

ユニクロのレギンスは5分丈、7分丈、10分丈と3つの着丈展開があります。わが家は10分丈と7分丈を持っていますが、1年を通して10分丈をメインに利用しています。わが子の場合、皮膚が弱いため、虫刺されやあせも、草などによる接触性皮膚炎を防ぐために、夏は少し暑いかなと思いつつも10分丈をはかせています。

 

また、日焼けが気になるときにも活用しています。夏に室内で冷房が効いているとき、10分丈なら冷えや乾燥が気になりません。

 

【わが家の使い方②】ワンサイズ大きめ

ユニクロのレギンスのメリットのひとつが耐久性の高さ。わが家の場合、やんちゃな子どもということもあり、とにかくボトムスの消耗が激しく、基本的にワンシーズンもたないものがほとんどです。

 

しかし、このレギンスはワンシーズンどころか、下の子におさがりでまわせています。そのため、毎回ワンサイズ大きめのものを購入し、2シーズンくらいはフルで使用。若干大きめでもレギンスなので気にならないのもうれしいです。


ほかの子とよくかぶるけれど…メリットも!?

とても人気だからこそ、ほかの子とかぶる確率が高いユニクロレギンス。今までも保育園や公園、支援センターなどで、「まったく同じ柄・色の子がいる!」ということが何度もありました。

 

でも、かぶったママと「これ、ユニクロのですよね!」なんて、盛り上がることもしょっちゅう。これはある意味、メリットともいえるかもしれません。

 

 

わが家の第二子の保育園着は、ほとんどこのレギンスだったため、小学生になった今、普通のズボンでも「固い!」というほどに。それほど動きやすいのですね。わが家は第三子が、もうしばらくお世話になる予定です。

 


著者:東慶子

三児の母。育児のかたわら、アンガーマネジメントキッズインストラクターの資格を取得。自身の育児経験に生かすとともに、将来的には子ども向けの講座を開催したいと考えている。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。また、公開時に確認した情報のため、商品によっては変更となっている場合があります。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
40

現在ログインしていません。

グッズの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。