生後すぐから続けておいてよかった! 寝る前の習慣づけ【体験談】

2018/10/10 12:00
262
生後早いうちから、寝る前の入浴を習慣づけたことで、のちの寝かしつけがスムーズになったというママの体験談です。最初は必要性が感じられなかったけれど、徐々に感じられるようになったということです。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
工夫
寝かしつけ
生活習慣
体験談

寝ている赤ちゃん

 

赤ちゃんにとって、生活の流れを習慣づけることって、とても大切なことなんだなあと実感することが多くあります。寝かしつけも同じ。わが家の場合は、お風呂に入ったら寝る、ということを繰り返しおこないました。初めのうちは、リズムも何もなく寝たり起きたりしていただけなので、意味があるのかわかりにくかったのですが、それでも続けることの大切さを後から実感しました。

 

生後1カ月からの習慣づけ

生後1カ月までの沐浴期間は、産院から「機嫌のいい早目の時間に」と指導があったので、午前10時に沐浴をしていました。しかし大人と同じお風呂に入れるようになってからはずっと、夜寝る前にお風呂に入れるようになりました。

 

生後早い段階から同じリズムで生活したことで、寝るまでの流れがスムーズになるのが早かったように感じました。生後すぐは昼夜の区別もついていない状態でしたが、お風呂→授乳→睡眠の流れは欠かさずおこないました。

 

次第にスムーズに!

初めのうちは大泣きでなかなか寝ませんでしたが、お風呂の時間など試行錯誤を重ねていると、生後3カ月になるころから、15分位で寝てくれる日が出てきました。その後「入眠儀式」(寝る前の流れをルーチン化すること。わが家では、お風呂の後にベビーマッサージや絵本の時間を設けました)を導入しました。

 

しかし、お風呂の後に寝ることだけで入眠儀式となっていたことから、必要性が感じられず、すぐやめてしまいました。


そして現在

現在、息子は1歳。月齢が上がるにつれて遊ぶのが楽しくなり、お風呂から上がったらコテンと寝るということはなくなりましたが、それでも、お風呂から上がって電気を消すと、自分から布団でゴロゴロし始め、途中遊んだりしながらも、だいたい1時間位で寝ています。

 

寝かしつけ方法はずっと抱っこでしたが、時々はゴロゴロしたまま眠りについてくれるようにもなり、助かっています。

 

 

お昼寝では抱っこは必須なので、夜に時々でも抱っこなしで寝てくれるのは、寝るまでの流れが習慣化されているおかげだと思います。わが家は、早い段階から寝るまでの流れを習慣づけしておくことで、その後の寝かしつけが楽になりました。


著者:谷口菜穂

一男の母。保育士資格、幼稚園教員免許、小学校教員免許を取得。出産後、仕事を退職。日に日にできることが増えていく子どもの成長におどろく毎日。妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆中。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
262

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。