生後3カ月、息子が難聴だと分かった日【ママの体験談】

2018/10/03 23:00
60
お子さんが生まれてすぐ外耳形成不全であることが分かり、その後、中度難聴であるとの診断を受けたママ。そのときのお子さんの様子や、診断の経緯や内容、家族の気持ちや様子などについて紹介しています。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
病気・ケガ
新生児

産まれたばかりの赤ちゃん

 

現在1歳の次男は、外耳形成不全と右耳の中度難聴という診断を受けています。大学病院へ通院し、難聴外来を受診することになった次男。さまざまな検査を重ね、方向性が決まるまでの流れや家族の気持ちについてお伝えできればと思います。

 

妊娠、出産時の経過など

次男は昨年の8月に生まれました。元気に生まれてきた様子に安心した直後、医師から右耳の外耳形成不全であることを伝えられました。胸元に抱いた次男の暖かさを感じながら、複雑な気持ちに襲われたことを鮮明に覚えています。

 

生後3日目の聴覚検査と、5日目の検査でリファー(再検査)という結果が出たことで夫と私は医師と面談。聞こえに問題があるかもしれないとのことで、大学病院で精密検査を受けることとなりました。

 

病気の検査や告知

大学病院の1回目の診察は、聴力検査の予約と簡単な問診でした。聞こえについて曖昧な状態が続いていることに不安や心配が募っていたため、何の進展もない診断に苛立ちを感じました。

 

初診から2週間後に太鼓やタンブリンなどを鳴らして反応を見る検査をし、さらにその2週間後にASSR、ABRという検査をしました。まだ生後2カ月の次男に、微量ですが薬を使って眠らせて何度も検査をしたので、申し訳ない気持ちで泣きました。


告知後の想いなど

生後3カ月、検査結果を聞くために4回目の受診をしました。医師から告げられたのは、右耳の鼓膜までの道(外耳道)が何かによってふさがっていることと、検査の数値から中度難聴であるという診断でした。

 

夫と私は思いつく限りの質問を医師へしましたが、回答のほとんどは「様子を見ましょう」との答えでした。次男の症状について家族や医師へ相談をするなかで、ポジティブに受診・治療を受け入れられるようになりました。

 

 

この夏、次男は1歳の誕生日を迎えました。生後3カ月で難聴の診断を受けてから、3カ月に1回の定期健診で様子を見ています。聴力、外耳道にまだ変化は見られませんが、順調な成長を見せてくれる次男に、適切な治療をおこない、心身の成長を家族全員で見守っていきたいと考えています。


著者:簗田智花

4歳の長男、2歳の長女、1歳の次男との育児ライフを楽しむ34歳の母。現在は、仕事と家事、育児に奮闘中。ドライブ、スポーツ、スポーツ観戦が趣味のアクティブママ。

 

※検査の仕方・内容などは病院によって異なります。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
60

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。