基礎体温の正しい測り方って知ってる?排卵日はどうやって予測する!?

2018/09/13 19:00
16
この記事では、基礎体温について、専門家監修のもと、解説します。基礎体温は、女性ホルモンの変化によって変動しています。そのため、基礎体温から生理予定日を予測したり、排卵期を予測したりすることもできます。また、排卵があるかどうかをチェックするのにも役立ちます。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
妊活

基礎体温表のイメージ

 

女性の基礎体温は、ホルモンの影響を受けて変化します。そして、この基礎体温の変化によってさまざまなことがわかります。そこで今回は、基礎体温についてくわしく解説します。

 

基礎体温とは?

基礎体温とは、人間が体の機能を維持するために必要な体温のことです。そのため、体を動かしていない睡眠時の体温が最も基礎体温に近くなっています。しかし、睡眠中に基礎体温を測ることはできないので、起床後すぐに測った体温のことを一般的に「基礎体温」とよんでいます。

 

起床後すぐとは、朝目覚めて布団から出る前のことです。布団から起き上がったり、トイレに行ったりするだけでも体温は変化してしまいます。基礎体温を測る場合は、布団から起き上がらなくてもいい場所に基礎体温計(婦人体温計)を準備しておきましょう。

 

基礎体温の正しい測り方

基礎体温を測定する場合には、基礎体温計を用いて正しく測定することが必要です。基礎体温計は正しく使わなければ、正確な体温を測ることはできません。一般的な体温計とは測定の仕方が違うため、まずは使い方をしっかりと把握しておきましょう。

 

ポイントは2つです。


1.目覚めた後、布団に横になったままの状態で体温を測ること
2.測定するのは口の中(舌の下)で測ること


口をあけていると正しい体温が測れなくなってしまうため、口を閉じた状態で舌の付け根の部分に基礎体温計の先端を軽く押し当てるような状態で測定しましょう。

また、以下のようなときは正確な体温が測れていない可能性もあります。


・睡眠不足の場合
・起きる時間が早すぎる場合
・前日にアルコールをの飲んでいる場合
・夜中に何度も目覚めた場合
・測定する前に動いてしまった場合 など


基礎体温は基礎体温票に記録しておきましょう

毎日基礎体温を測定し、記録しておくことで、基礎体温の変化を見ることができます。基礎体温表をつけるには、紙のグラフにつける方法、エクセルなどでまとめる方法、自動記録機能のついている基礎体温計を使う方法などがあります。

 

おすすめは紙に書き込まなくても、基礎体温計の中に保存機能がついているものです。何日間かデータを残しておける基礎体温計も多いので自分で記録する手間も必要ありません。また、体温だけでなく、いつもと違う条件で測定した場合や体調の変化があったときなどは、体温と一緒にコメントも記録しておきましょう。

 

基礎体温の変化でわかること

基礎体温は、女性ホルモンの変化によって変動しています。そのため、基礎体温から生理予定日を予測したり、排卵期を予測したりすることもできます。また、排卵があるかどうかをチェックするのにも役立ちます。きちんと月経がある場合でも排卵が起こっていない無排卵月経のこともあるので、妊娠を希望している人はぜひ基礎体温を測定し、チェックしてみましょう。

 

正常な基礎体温は低温相と高温相の二相性を示します。そして以下も大切なポイントになります。

 

①高温相が10日以上持続する

②高温相と低温相の差が0.3℃以上ある

③高温相に欠落がない

④低温相から高温相への移行が3日以内である基礎体温表のイメージ2

 

卵胞期の基礎体温は、低温相を呈します。低温相から高温相に切り替わる前、一時的に体温が下がる日があります。この日を中心として高温相に移行する数日間に排卵が起こっていると推測されます。

 

排卵後はプロゲステロンの体温上昇作用により基礎体温は高温相を示すようになります。妊娠が成立すると、プロゲステロンの分泌が継続するため、高温相が続きます。しかし、妊娠が成立しない場合は、プロゲステロンの分泌が減少し、基礎体温は低下、再び低温相になります。そして、高温相から低温相に移行する際、月経がおこります。

 

妊娠の確立を高めるためには、排卵日を知ることが必要です。しかし、基礎体温の変化によって排卵期を知ることは可能ですが、基礎体温のみで明確な排卵日を特定することはできません。基礎体温が一時的に下がった時の前日に排卵している確率が約30%、体温が下がった日に排卵しているのが約40%、体温が上がった翌日に排卵している確率が約30%といわれており、より排卵日予測の精度を高めたいという場合は排卵日チェッカーやおりものの変化なども合わせて確認していきましょう。

 

まとめ

自分の基礎体温の変化を把握しておくことで、妊娠しやすい時期や生理予定日、体調の変化を知ることができます。

 

毎日測定することが大切ですが、神経質になりすぎてストレスを溜めてしまうと途中で測定をやめてしまう原因になってしまいます。現在、基礎体温計はさまざまなものが販売され、スマートフォンアプリなども多数出ていますが、自分に合った方法で基礎体温計測を習慣化できると良いでしょう。


監修者:看護師 PN

医療系専門学校保健看護科卒業→民間総合病院NICU勤務→大学病院NICU勤務→外来勤務


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
16

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。