「涙が出てくる…」小学生男子のやさしさに胸がジーンとした妊娠・出産

2018/10/19 18:00
65
妊娠中の母体の大変さやおなかの中に命が宿っているということ、自分たちも同じように生まれてきたという生命の神秘や命の大切さとともに、子どもたちのやさしい一面に触れたママのエピソードをご紹介しています。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
体験談
2人目・3人目
出産

妊婦さんのお腹に寄り添う男児

 

小学生の男子は年齢が上がるとだんだん話をしなくなったり、照れ隠しからか乱暴になったりすることが増えてきます。そんな時期の子どもに、妊娠を通じて生命の大切さを伝えられ、また子ども自身もそれを自然と受け止めてくれた姿に感動したお話をご紹介します。

 

お手伝いしない息子がよく働く、よく動く

掃除機をかける男児

 

小学生の息子はひとりっ子生活が長く、お手伝いを積極的にしない子でした。しかし妊娠後期になり、つらそうにしている私を見ると「大丈夫? 疲れた?」と声をかけて気づかう様子をみせることが増え始めたのです。

 

普段から彼との会話が少なくなっていたので、親子での会話の時間がとれるようになりました。さらに掃除機をかけたり、重い物を持ってくれたりと小さなイクメンができたようで頼もしさを感じ、とてもうれしかったです。

 

乱暴者のお友だちが見せたやさしい気持ち

妊婦さんのお腹を触る男児

 

息子と同じクラブに所属しているお友だちのA君も現在ひとりっ子で、たまに乱暴なことをしてしまう活発な一面のある子がいます。そんな彼が妊娠中の私のおなかに興味津々で、「このおなか、もしパンチしたらどうなるの?」と言いながら側にやってきました。「触ってみる?」と聞くとうなずき、そーっとなでながらやさしい表情に。胎動を手のひらで感じたようでした。いつもはやんちゃだけれど、彼のやさしい一面を見たような気持ちになりました。


立ち会い出産での感動話

新生児を抱っこする男児

 

出産時には息子にも立ち会ってもらいたくて、分娩室へ一緒に入りました。赤ちゃんが産声をあげると息子の目に涙が。「なぜかわからないけれど、勝手に涙が出てくる」と言い、その言葉に助産師さんも一緒に涙ぐんでいました。この瞬間は、私にとっても一生の宝物になりました。

 

 

妊娠・出産期を経て、おなかの中には命が息づいているということ、自分も同じように生まれてきたという命の大切さを伝えられ、また子どもたちの心のやさしさにも触れることができました。


著者:早川実

一男一女の母。元保育士。アロマセラピストやリフレクソロジストの資格を取得。育児、美容系サイトを中心にフリーライターとして活動中。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
65

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。