別名不機嫌病?! 突発性発疹の本当の恐怖は熱が下がってからだった!

2018/10/20 12:00
74
赤ちゃんが突然高熱を出すことで知られている突発性発疹ですが、症状のひとつに“解熱後に不機嫌になる”という点があります。そのため、別名“不機嫌病”と言われることも。原因が分かっていれば、突然の不機嫌にも対応できるはずです!

カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
病気・ケガ

泣いている赤ちゃん

 

赤ちゃんが高熱を出して受診すると、最初に疑われることが多いのが突発性発疹。突然の高熱にびっくりするママさんも多いと思いますが、本当に怖いのは熱が下がった後でした。娘も生後10カ月のときに発症したのですが、初めての出来事に私の方が参ってしまったほど。その後、突発性発疹は別名“不機嫌病”ともいわれることを知り、納得しました。

 

初めての高熱にびっくり!慌てて病院へ

娘は生後10カ月になるまで病気知らずの健康児でした。この日もいつも通り遊んでいたのですが、少し熱っぽい気がして測ってみると38℃。初めての風邪かな? と思っていたら、30分後には40℃に!! 慌てて近くのかかりつけ医のところに駆け込みました。

不安な気持ちで診察を受けると、「まだ確定はできないけど、解熱とともに発疹が出てくるようなら突発性発疹でしょう」とのこと。つらそうなときに使うように、と解熱剤をもらって帰宅しました。

 

慌てる私とは対照的に冷静な娘

初めて経験する娘の高熱に、私は大慌てでした。夫も仕事を早めに切り上げてゼリーなどを買って帰宅してくれました。

 

肝心の娘はというと、いつもよりお昼寝の時間が長かったこと以外は普段通り。あまりつらそうではありませんでしたが、38~39℃の熱をキープしていたので、寝る前だけ解熱剤を使用。医師から「子どもは高熱でもいつも通り遊んじゃうから、無理は禁物」と言われていたので、解熱後も自宅でできるだけ安静に過ごしました。


解熱して一安心! しかし恐怖はここから…

発熱してから3日後、ようやく37℃まで熱が下がり、一安心しました。それと同時に娘の首辺りに発疹を見つけました。念のため受診すると、「突発性発疹で確定でしょう」とのこと。

 

病院から帰宅して一息ついたところで、娘の不機嫌が始まりました。とにかく、1日中泣く! 怒る! ぐずる! まるで人が変わってしまったかのようで、私も夫もお手上げ状態です。ちょっと早めのイヤイヤ期? とも思いましたが、嫌がっているというよりも本当にただの不機嫌でした。

 

知って納得、別名不機嫌病!

あまりにも機嫌が悪いので、どこか痛いんじゃないかと心配になり、病院に電話しました。すると先生が、「それも突発性発疹の特徴だ」と教えてくれました。別名“不機嫌病”とも言われていることも教わり、インターネットで体験談を調べてみると、娘の症状とまったく同じ!! 病気の症状にそんなものがあるなんて知らなかったので、びっくりしました。それと同時に気持ちが楽になり、娘の不機嫌にもやさしく応じる事ができました。

 

 

初めての育児は知らないことばかりです。私も、原因がわからない娘の不機嫌に、気がおかしくなってしまいそうでした。しかし理由が分かるだけで気が楽になり、娘とちゃんと向き合うことができました。


著者:及川 ひまり

1歳半の娘の母。出産を機に仕事を退職し、現在は専業主婦。わんぱくな娘と4匹のわんちゃんに囲まれて賑やかに暮らしながら、妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆中。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


  • LINEの記事で読みました。旦那さまが買ってきたゼリーは誰用?10ヶ月でゼリー食べさせていいの??

    2018/10/21 11:50

この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
74

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。