口が切れてる? 生まれた子は「両側完全口唇口蓋顎裂」でした【体験談】

2018/12/22 18:00
49
妊娠中、一緒に何度もトラブルを乗り越えたママとおなかの子。赤ちゃんは無事元気に生まれてきてくれたものの、口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)という先天性の疾患を抱えていました。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
口唇口蓋裂

口唇口蓋裂の赤ちゃん

 

ずっと会いたいと願っていたわが子。その願いがようやく叶ったのですが、私は妊娠初期に切迫流産になり、一週間後には無事回復しましたが、その後も出産までハラハラするような出来事ばかりでした。

 

そんな私に、出産時に立ち会っていた医師はさらなる衝撃的な事実を告げたのです。

 

出産目前にして最後のトラブル発生

妊娠34週目の妊婦健診。体重が3kg増え、血圧が何度計っても140を下回ることがありませんでした。再健診では体重は2kg減ったものの、血圧は180にまで上昇していました。もちろん正常な数値ではないので、個人病院に通っていた私は大きな市立病院に移ることになりました。

 

そこで妊娠高血圧症候群と診断され、出産までMFICUというハイリスク出産に対応するための場所で過ごすことに。そして正期産の時期である妊娠37週を待ち、計画出産することになりました。

 

出産自体は超安産だったものの……

陣痛促進剤を使い、妊娠37週3日の朝に母子ともに無事出産を終えることができました。出産自体も約2時間と、初産にしてはかなりの速さだったと思います。

 

ただ、お産の最中のことです。赤ちゃんの頭が顔を出し、もうひと踏ん張りしなければというときに、「赤ちゃん、ちょっとおくち切れちゃってるね~」と主治医が言ったのです。私はそのとき、ただ単純に「産道が狭くて出てくる拍子に切れちゃったのかな?」程度に思っていました。

 

でも、このとき聞こえてきた産科医の言葉は、後にとても大事なことだったんだと知りました。


生まれてきてくれたことがうれしかった

「形成の先生がきれいに治してくれるからね」続けて医師はそう言いました。だから「そっか、先生が治してくれるんだ! 良かった!」と安易に考えていました。

 

冷静に考えれば、かすり傷程度で手術をするなんてあまりないですよね。でもそのときは、そんなことを考える余裕もなかったんです。

 

そんなことよりも、目の前のお産に必死で、たとえ他の子と少し様子が違っていても、ようやく小さな身体を自分の胸でしっかりとその命の重さを感じることができたことがうれしくて仕方なかったのです。

 

両側完全口唇口蓋顎裂という疾患が判明

出産後の夕方、形成外科の先生方が病室に来てくださり、娘は「口唇口蓋裂」という先天性の疾患だと告げられました。娘は口唇口蓋裂のなかでも「両側完全口唇口蓋顎裂(りょうそくかんぜんこうしんこうがいがくれつ)」という分類で、鼻の穴を通るようにして二箇所、口が裂けていました。

 

先生に今後のことを説明されて、ようやく重大さに気づきました。手術は成人するまで数度おこない、歯列矯正や言語指導なども含まれていて、思ったよりも治療に時間を割かなければなりません。それを知ったとき、娘は楽しい学生生活の一部を削らなくてはいけないかもしれないということに気がつき、ようやく「ショック」というものを受けました。
 

 

口唇裂は妊娠中のエコー時に判明することが多いそうです。妊娠時に判明していたら、ネットで検索していろいろと考えこんでしまっていたかもしれません。私の場合は娘が腕で顔を覆ってなかなか顔を見せてくれなかったこともあり、主治医が代わっても出産するまで判明することがなかったんだと思います。それがいいのか悪いのかはわかりませんが、私はお産に集中することができてよかったと考えています。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

著者

ライター いとう みい


夫と娘、猫1匹と暮らすフリーの事務員兼デザイナー。娘は産後に口唇裂が判明。主に妊娠・出産・子育てや趣味のコレクション、ダイエットレシピについて執筆している。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
49

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。