妊娠36週でカンジダ腟炎に…赤ちゃんは!? 助産師がアドバイス!

2018/11/13 19:00
6
ベビーカレンダーの人気コンテンツ【助産師に相談】の中から特に注目をあつめた質問の内容を一部抜粋してご紹介します。今回はカンジダ腟炎に悩むママからのご相談です。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
妊娠
助産師に相談

妊婦さん

 

「気軽に専門家に質問ができて、さらに返信も早い」とママから日々感謝の声が寄せられているベビーカレンダーの人気コンテンツ【助産師に相談】の掲示板。その中から特に注目をあつめた質問の内容を一部抜粋してご紹介します。今回は、カンジダ腟炎に悩むママからのご相談です。

 

Q. カンジダについて

妊娠36週の妊婦です。今日の健診でカンジダ腟炎だと言われ、消毒し、塗り薬を処方してもらいました。少し痒いなとは思っていましたが、妊娠初期からずっとありましたのであまり気にしていませんでした。おりものも増えたといえば増えていますが気になりませんでした。ショックです。出産までに治るか不安です。

 

宮川めぐみ助産師からの回答

ここに来て言われてしまうとショックですよね。妊娠中は、どうしても抵抗力が落ちてしまうこともあって、カンジダが発症しやすくなります。常在菌でもありますので、抵抗力が高まるように、無理はされないようにしていただいたり、しっかりと睡眠をとるようにされるのもいいと思います。引き続き、こまめにおりものシートも替えるようにしてみてください。そして、処方されたお薬を使用していただくといいと思いますよ。お産までに治るように、できることを試してみてくださいね。

 


※参考:ベビーカレンダー「助産師に相談」コーナー〈 https://baby-calendar.jp/talk/category/tree/10/0

 

※診断や具体的な治療については医師の指示にしたがってください


カンジダってなに?

腟の粘膜では女性ホルモンのひとつ、エストロゲンの働きによってたくさんのグリコーゲンがつくられています。このグリコーゲンは、腟の常在菌である乳酸菌によって分解され、乳酸に換えられます。そして乳酸菌によって腟の中は酸性に保たれ、病原体の侵入や増殖を防いでいます。これを腟の「自浄作用」といいます。

 

妊娠により、エストロゲンの分泌が増加してグリコーゲンの量が増える半面、腟の自浄作用も低下してしまいます。そうするとカンジダが増殖しやすくなってしまうのです。カンジダは、真菌(かび)の一種で、これも腟の常在菌のひとつです。カンジダの保菌率は、妊娠していない人で約15%、妊婦さんは約30%といわれています。

 

カンジダに感染したらどうなる?【ママ編】

カンジダに感染すると、カンジダ腟炎を発症します。症状は外陰部のかゆみ、腟壁が赤くなったり、腫れたりします。そして、白いおりものが増えます。このおりものは「ヨーグルト状」「酒粕状」「カッテージチーズ状」などと表現されることが多いです。

 

また、産後のママで、赤ちゃんにおっぱいを飲ませるときに、乳首を針で刺されたような痛みがあり、おっぱいを飲ませていないときもヒリヒリした感じが続いたりしている場合は、カンジダによる皮膚の感染の可能性があります。

 

カンジダに感染したらどうなる?【赤ちゃん編】

カンジダに感染しているママから生まれた赤ちゃんの約10%が、産道でカンジダに感染してしまうことがあります。そうすると赤ちゃんは「鵞口瘡(がこうそう)」を発症してしまいます。

 

鵞口瘡は生後7~10日ごろに発症して、赤ちゃんのお口の中にミルクかすのような白い膜のようなものができてしまいます。ミルクかすは綿棒でこすると取れるのですが、鵞口瘡の場合は綿棒でこすっても取れないのが特徴です。

 

鵞口瘡の赤ちゃんは、おっぱいやミルクの飲みが悪くなることがあります。新生児期だけでなく、風邪を引いている、免疫が下がっているような状態の赤ちゃんでも鵞口瘡になることもあります。また、なかなか治らないおむつかぶれが、カンジダによる皮膚炎だったりすることも。

 

カンジダの治療は?予防はできる?

妊娠中、症状がある場合やおりものの培養検査でカンジダが検出された場合、腟の中に錠剤を入れたり、塗り薬を塗ったりして治療をおこないます。

 

カンジダ腟炎になってしまった、また、そうならないように陰部を清潔にしないと!と思って、せっけんでよく洗ってしまうとかえって症状が悪化するので注意してくださいね。

 

赤ちゃんには塗り薬を使います。鵞口瘡の赤ちゃんのお口の中にお薬を塗るのはちょっと怖いかもしれませんが、病院で教えてもらえるのでご安心を!また、哺乳瓶や赤ちゃんがお口に入れるもの(お口に入れてしまう可能性のあるもの)は、しっかり洗って消毒しましょう。スプーンなどの共有もNGです。

 

 

カンジダ感染症を広げない、繰り返さないようにするにはやはりママの手洗いが大切です。授乳やおむつ交換の前後など、しっかり手を洗うように心がけてくださいね。


※参考:ニュース(医療)「【感染症File】ベビーにも影響?カンジダ感染症の症状と治療・予防法」〈https://baby-calendar.jp/smilenews/detail/2583 〉【著者:助産師 REIKO】

  • ベビーカレンダーは、妊娠や育児のお悩みを抱えたママさんの強い味方でありたいと思っています。自分だけではどうしても解決できなかったとき、不安で仕方がないときは本物の助産師や管理栄養士がリアルタイムでお悩みや質問にお答えする『助産師に相談』『管理栄養士に相談』の掲示板をぜひご活用ください!

 


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
6

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。