発達障害の長男が明かした「寝たくない」理由【ママの体験談】

2018/11/17 22:00
109
初めての育児で戸惑うなか、子どもがなかなか寝なくて困っていたママの体験談です。子どもが寝なかった理由や、ママの考え方にも変化が生まれたというお話です。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
育児の悩み
体験談
寝かしつけ

目をこする赤ちゃん

 

発達障害の長男は、赤ちゃんのときから「寝ない子」でした。長男を産む前の私は、子どもは一度寝たらぐっすり寝るものだと思っていましたし、寝付くときも30分くらいで寝るものだと思っていました。しかし、いざ育児が始まると現実はあまりにも違っていたので、もしかしたら長男は「寝ない子」ではないかと感じるようになりました。そのときの私の思いや、長男が寝なかった理由などについてご紹介します。

 

とにかく寝なくて大変だった乳児期

長男は生後6カ月から保育園に入ったのですが、30分くらいしか昼寝をしないので保育園の先生がとても心配するほどでした。家でも授乳中には寝るものの布団に寝かせるとすぐに起きてしまうのです。


1歳を過ぎても昼も夜もなかなか寝付かず、2時間近くゴロゴロ転がってばかりで全然寝ないので、私のほうがだんだんイライラ……。長男が寝ないことへのストレスと、成長への影響の不安がどんどん募っていきました。

 

寝なくてもいいやと発想を変えた結果

1歳を過ぎてもあまりに寝ないので、疲れ果てた私は発想をガラリと変えてみました。保育園に行くために夜8時半には寝かせたかったのですが、寝る時間にこだわることをやめました。

 

それまでの私は、長男を寝かしつけた後に、家事を済ませたり自分の時間を過ごしたりしていたのですが、それをすべて夕食の後にすることにしたのです。そして夜10時になったら長男と一緒に寝てしまうスタイルに変えてみました。お互いに好きな時間を過ごせるようになったので、私のストレスも減っていきました。


長男が寝たくない理由とは

その後しばらく経って、長男が年長のときに寝なかった理由を聞いたことがあります。理由は2つありました。1つ目は、「音とか光が気になって眠れない」。もう1つは、「起きていれば、もっとおもしろいことがありそうだから」でした。なるほど、と思いました。


長男は感覚過敏があり、蛍光灯が苦手です。そして音にもとても敏感なのです。起きている間は自分の興味のあることに熱中しています。私が起きていれば、長男も「何かおもしろいことを見つけて遊べる」と思っていたのでしょう。

 

 

小学5年生になった今でも、睡眠時間は少ないほうだと思います。「子どもは早く寝るもの」という大人の理想に当てはめず、長男のペースに合わせることで、私の気持ちが「寝られないものは寝られないんだ」と割り切ることができました。感覚過敏がある、発達障害という特性があることで、当時は不安を感じてしまっていたのです。寝る時間が少ない、ということは、理想の生活習慣を身につけるには本当は良くないのかもしれません。しかし、長男の成長を信じてやっていこうと思っています。


著者:川本 千華

発達障害の長男、兄が大好きな次男を育てる2児の母。元ピアノ講師。自身の経験を活かし音楽・発達障害に関するライターとして活動中。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


  • 言い訳。

    2019/03/11 13:58
  • 失礼な物言いをされるかたがいるなぁ…

    2019/03/13 12:45
  • 私はいわゆるショートスリーパーです。
    1.5時間睡眠でも3日は大丈夫。3時間睡眠なら普通に暮らせます。
    だからといって川本さんのお子様がショートスリーパーかは分かりませんが、お子様に合わせた生活にするという対応もお子様の様子を観察し、改善策を模索していたからこそだと思います。
    「言い訳」などと言う方は表面しか見えてないなーと思ってしまいます。
    因みにうちの長男も新生児、乳児はほとんど寝ませんでした。が6歳の今は起こしても爆睡してるほど寝るようなりました。
    長男くんのあの理由だと、一緒にねる作戦は正解でしたね!

    2019/03/14 00:56
  • 一緒に寝るのはいい作戦だと思う。
    結局なんの為に早寝をさせるのか、しないならどうするのか、どう行動すれば最善か、何を変えれば最も有効的にそうなるのか。
    それを理論的に考えればそうなる。前コメの「言い訳」系の人は感情論で理論的に考えないからそんなコメしかできない。
    理想と違う現実を理想とは違う理想に近い場所に現実を寄せる発想はかなり大切。

    2019/03/21 01:28
  • 発達障害の診断を受けた息子も全く寝ない子で、実母もビックリ・心配するくらいでした。川本さんと同じように出産前には赤ちゃんはぐっすり寝る。寝るのが仕事と思っていたので、乳児期からの寝かしつけは本当に苦痛でストレスでしたが、『寝かせる』事に固執しないようにしています。その後は息子も寝室に行くのを嫌がる事無く時間はかかりますが一緒にお話したりスキンシップしながら入眠しています。
    私のイライラが敏感な息子にも苦痛だったんだと思っています。これからも息子と一緒に成長していけたらと思います。

    2019/03/28 13:31
  • 言い訳。
    のコメントにはビックリです。

    発達障害を知らない人のコメントは気にしなくていいと思います。

    発達に障害があるこの殆どは中々寝ません。発達障害じの親の中では当然に近い事実です。医学的にもわかっている事です。

    発達障害の娘は同じように寝ません。
    昼寝もしません。
    保育園でも殆ど寝た事なく、いつも寝ているお友達の側で、先生のお手伝いをしていました。娘が昼寝をしなくて恐縮している私に先生方は、いつもお手伝いしてくれてとても助かっています!
    と言って下さり、気持ちが楽になりました。

    そんな娘も高校生です。
    自分で寝る前のルーティンを一通りする事でスムーズに寝れる様になっています。
    これは、小さい頃から寝る前に何をしたいか聞きながら親子で探した寝る前の儀式。のようなものです。
    人それぞれだとは思いますが、人より短くてもちゃんと寝れるならいいのではないでしょうか?

    2019/03/28 17:38

この記事にいいね!しよう

いいね!
109

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード