赤ちゃんから保育園。長女を通わせた理由、長男を通わせなかった理由

2018/11/11 21:00
20
この記事では、わが子が赤ちゃんのころから保育園に通っていたというママの体験談を紹介しています。長女を保育園に通わせた理由、長男を保育園に通わせなかった理由を教えてくれました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
体験談
保育園・幼稚園

保育園

 

かわいい盛りの赤ちゃんを保育園へ預けるのは後ろ髪を引かれる思いですが、いいこともたくさんあります。筆者が長女を赤ちゃん時代から保育園へ預けてよかったこと、また長男を保育園に預けない理由などをお伝えします。

 

ママの子育てストレスも軽減

自分の母親世代からは怒られそうですが、保育園に通うとママの子育てストレスが軽減するというのは私にとって事実で、本音です。

 

赤ちゃんから保育園で過ごすことで、先生や周囲の大人の言うことをよく聞いてくれるようになるので、その後に待っている「イヤイヤ期」や「トイレトレーニング」「お箸のトレーニング」などのしつけが本当に楽だったと感じています。

 

そして、あくまで私の場合ですが、仕事を持つことで「24時間ママ業」という重圧感や閉塞感から開放されました。社会と接点を持つことで、「子育ても頑張ろう」という前向きな気持ちになりました。

 

同志のような、親しいママ友ができる

働くママ同士では、仕事や家事・育児の両立の難しさや大変さが、お互い痛いほどよく分かるので、共感し合える部分が多いです。長くお付き合いが続く親しいママ友ができやすいと思います。

 

私の場合、自宅で長女を子育てしていたころはママ友がいませんでした。しかし、働き出してから、職場でも保育園でも分かり合えるママ友と出会い、仕事を離れた現在も助けあって親しいお付き合いが続いています。


第二子長男を保育園に預けない理由

長女を約6年間保育園に預けましたが、その間に長女が大病を患ったことが、私自身の子育てに対する考え方を大きく変えました。いろいろな意味で、長女には感謝の気持ちでいっぱいです。子どもは親に実にいろいろことを教えてくれますね。

 

そしてやっと授かった長男は、なるべく近くで成長を見守りたいと思い、3歳まではどこにも預けないことに決めました。経済的には大変ですが、一時的なことと割りきって日々楽しく子育てしています。

 

 

赤ちゃんを保育園に預けるのに、「正しい」「間違い」はないと思います。大切なのは、ママやパパが「本心で」どうしたいのかです。ママとパパの選択なら、きっとわが子も納得してくれる、私はそう信じています。


著者:伊川 遥

女の子と男の子の二児の母。家事や子育てのかたわら、自身の体験をもとに妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆中。趣味は読書、音楽、料理、ボルダリング、絵を描くこと。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
20

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。