こんな場所は要注意!子どもが行方不明になりやすい場所はココだった!

2018/11/12 12:00
9
この記事では、歩けるようになった子どもの姿が見えなくなり、ママがヒヤッとしてしまった場所を紹介しています。行方不明になりやすい場所とは一体どこだったのでしょうか……?
カテゴリ│
イベント
中カテゴリ:
お出かけ
旅行
体験談

遊具で遊ぶ子供

 

子どもが歩けるようになってからは、迷子にならないように気を付けなければなりませんよね。でも、きちんと見ていたつもりなのに、一瞬のすきにわが子の姿が消えていた……なんて経験がある方も多いのではないでしょうか?今回は、実際にわが家の息子が行方不明になった、または見失ってしまった経験をもとに、注意したい場所3つをご紹介します。

 

誘惑がいっぱい「スーパーマーケット」

スーパーマーケット

 

ふだん行く機会が多いスーパーマーケットですが、買い物中、商品を見ていた一瞬のすきに息子の姿が見えなくなってしまったことがありました。

 

小さな子どもは視界にも入りにくいうえに、カートに乗ってくれればいいのですが、歩けるようになるとなかなか乗ってくれないことも多くなります。スーパーマーケットはお菓子売り場やガチャガチャなど、子どもの気を引くものも多いので、子どももそちらに気を取られてしまうようです。

 

音も大きい「ゲームセンター」

ゲームセンター

 

少し大きくなってくると、ゲームセンターにある遊具で遊ぶ子どもたちも多いと思います。息子もその一人で、200円で動くキャラクター遊具に乗せていたところ、気付いたときには姿が消えていたということがありました。

 

まだ遊具が動いているからと気を抜いているすきに、途中で子どもが違う遊具に気を取られていなくなってしまったのです。ゲームセンターは音も大きく、ゲーム機などで視界も悪いので、探すのもひと苦労でした。


探すのが大変!「アスレチック遊具」

公園のアスレチック

 

探すのにいちばん苦労したのが、公園にある複合型アスレチック遊具です。すべり台やトンネル、はしごなど、さまざまな遊具がある複合型のアスレチックは、かげに隠れてしまうと見失いやすく、トンネルの中などに入ってしまうと外から見つけることが困難です。

 

実際、息子を見失って探しているとき、トンネルの中にハシゴがある遊具に子どもがたくさん集まっていたのでのぞいてみると、いなくなった息子が中で動けなくなり、大泣きしていたということがありました。

 

 

子どもは、ダメとわかっていても、なにか誘惑があるような場所だと、ついつい気を取られてしまうことが多いですよね。うちの子は大丈夫と思い込まず、子どもの興味を刺激するようなものがある場所ではとくに注意しましょう。


著者:前田奈々

自閉症の長男、次男の二児の母。自身の体験をもとに妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆中。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
9

現在ログインしていません。

イベントの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。