赤ちゃんのお熱を正しく測るコツを小児科医が教えます!

2018/11/24 19:30
49
この記事では、赤ちゃんの正しいお熱の測り方について、小児科医である三石先生がレクチャーしてくれます。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
病気・ケガ
新生児
体温・平熱

赤ちゃんの体温の測り方のイメージ

 

発熱はさまざまな病気のサインのことがあります。赤ちゃんの普段の体温がどのくらいなのかを知っておくことで早めに察知することができます。とはいえ、赤ちゃんは体温機能が未熟で体温が変動しやすいもの。その上、小さくてよく動くため体温を正しく測るのは難しいですよね。実は赤ちゃんの熱を正しく測るためにはちょっとしたコツがあるんです。今回は、三石先生に正しい、体温の測り方を教えてもらいました。

 

熱の測り方

 

1)赤ちゃんは体温調節機能が未熟で体温が変動しやすいため、安静時に測るようにします


2)朝おきてすぐ・泣いた後・授乳後やごはんを食べた後・お風呂あがりなどは正しく測れない場合がありますので、注意しましょう


3)赤ちゃん用の体温計はいろいろありますが、必ずしも赤ちゃん専用のものを購入する必要はありません


4)大人が使用しているわきの下で測る電子体温計でも、1分程度で計測できるものもあるので、赤ちゃんの熱を測ることができます


5)赤ちゃんがわきの下に汗をかいている場合は、乾いたタオルでやさしく拭きます


6)体温計を鉛筆を持つようにして持ち、先端を赤ちゃんのわきの下のくぼみの真ん中に当てます


7)体温計を押し当てるようにして、赤ちゃんのわきを閉じます。このとき、赤ちゃんのお洋服を挟み込まないよう注意しましょう


8)電子音がするまでそのまま固定しましょう


9)使用した体温計は除菌シートなどで先端を拭いてからケースにしまうようにしましょう


10)平熱を、朝・昼・晩の安静時に、3日連続で計測し、その平均で割り出しておくと
目安になります


11)体温計の数値だけではなく、顔色や活気、背中を触ったときの温かさなども気にかけてくださいね

 

熱の測るときのポイント

●平熱を知るためには、測る時間は同じ時間帯に。食後やお風呂上がりなどは避けましょう


●汗などを拭き取って、しっかりと脇のくぼみに当てましょう
 

●体温だけでなく、背中やを触ったり、顔色を見るなど赤ちゃんの全体の様子を確認しましょう

 


ただし、熱が低くても病気が隠れていることもあります、食欲がなかったり、いつもと様子が違うなどママが見ておかしいと思ったら、小児科を受診してくださいね。また、赤ちゃんが生後3カ月未満で38度以上の発熱がある場合は、他の症状の有無に関係なく、夜間・休日にかかわらず必ず受診しましょう。

 

監修者

医師 三石 知左子 先生

小児科 | 葛飾赤十字産院院長


東京女子医科大学小児科入局後、東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師などを経て、現在、葛飾赤十字産院院長、東京女子医科大学非常勤講師。

 

■主な経歴

1982年3月 札幌医科大学医学部卒業
1982年5月 東京女子医科大学小児科学教室入局
1987年4月 東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門配転
1993年1月 医学博士取得
1994年5月 東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師
1999年3月 東京女子医科大学退職
1999年4月 葛飾赤十字産院副院長、東京女子医科大学非常勤講師
2006年4月 葛飾赤十字産院院長

 

■専門領域

小児保健、ハイリスク児のフォローアップ
健診等を通じて乳幼児の発育発達、育児相談を中心に診療し、
育児雑誌やインターネットでの育児相談を担当している。

 

■所属学会・委員等

日本小児科学会専門医
日本小児皮膚科学会運営委員
日本タッチケア協会幹事
東京都小児保健協会幹事
こどもの心相談医
日本医師会認定産業医
NPOブックスタート理事

 

 

■HP 葛飾赤十字産院

■ブログ 院長ブログ

 


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
49

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。