夜型家族と過ごして朝ごはんに困った初めての年末年始【ママの体験談】

2018/12/26 22:00
4
子どもが小さいと、外出先でごはんのタイミングや内容が思うようにいかない場合があります。今回は夜型生活の義実家で初めて年末年始を過ごし、朝ごはんで困ってしまったママの体験談を紹介しています。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
体験談

困る親子

 

長男を出産後、初めての年末は夫の実家で過ごしました。義父母、義兄、義弟と私たち家族3人で新年を迎えたのですが、夫の家族は全員、夜型の生活をしている人たちでした。

 

今回は、生後11カ月の長男を連れ、夜型家族と一緒に過ごした初めての年末年始で困った事をお話ししたいと思います。

 

眠れなかった夜

大晦日、夫と私と長男の3人で夫の実家へ行きました。家とは違う場所と、ほとんど面識のない義父母や義兄弟に会った長男は少しとまどっていました。それでも、無事に1日を過ごす事ができ、夜11時ごろ、お借りした一部屋で先に休ませてもらいました。

 

私も長男もすぐ眠りにつく事ができたのですが、夜中に何度か大きな話し声が聞こえてきて、そのたびに私はびっくりして起きてしまいました。朝4時くらいまでの間に3回ほど目が覚めたので、その夜はよく眠れませんでした。

 

夫家族を気づかって外で過ごした元日の朝

朝7時ごろに目を覚ました長男。朝4時くらいまで夫家族は話をしていたので、当然みなさん寝ていました。

 

長男に朝ごはんを食べさせようと思い、静かに居間へ行くと、居間で夫家族が雑魚寝をしていました。居間と台所がつながっていたので、台所を使わせていただく事も無理でした。さらに義母は台所に義母以外の人が入るのを嫌う方だったので、勝手に台所を借りるわけにはいきませんでした。

 

それで、夫家族を起こしてはいけないと思い、長男と外に出る事にしました。


行くところがなく、ひたすら歩いた午前中

夫を含め、夫家族が夜型の生活をしている事は聞いていました。しかし、何に困るのか予想ができなかった私は、着替えや長男のおむつ、おやつ、絵本しか持って来ていませんでした。

 

どこかのお店で朝ごはんを食べようと近所をひたすら歩いて探してみましたが、運悪く食事をとれるお店がありませんでした。仕方なく、コンビニでプレーンなパンと水、ヨーグルトを買って、長男と食べました。

 

その後も行くところがなかったので、実家の近くを歩きながら過ごしました。そして11時半ごろ、夫から起きたという連絡があり、夫の実家に戻る事ができました。

 

 

このときの経験から、生活パターンが違う事は仕方がないので、泊まりで夫家族と過ごすときは、パン類、水、自分用のカロリーメイトを持っていくようにしています。


著者:川本 千華

発達障害の長男、兄が大好きな次男を育てる2児の母。元ピアノ講師。自身の経験を活かし音楽・発達障害に関するライターとして活動中。


この記事にいいね!しよう

いいね!
4

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。