赤ちゃんの生活リズムが崩れてしまったときの対処法を保育士が教えます!

2018/12/18 20:00
80
この記事では、保育士の中田馨さんが赤ちゃんの生活リズムが崩れてしまったときの対処法についてお話します。朝起きたら朝日を浴びる、朝は決まった時間に起こす、食事の時間を一定にする、外遊びをして活動量を増やす、昼寝を夕方までさせない、夜更かししても早起きするなど8つの対策があります。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
生活リズム

朝の寝起きの赤ちゃんとママのイメージ

 

こんにちは、保育士の中田馨です。年末年始になると帰省や旅行などで、赤ちゃんの生活リズムが崩れてしまうこともあります。そうすると、夜はなかなか寝てくれず朝は遅くまで寝ている……なんてことも。そうなってしまったときの生活リズムを整える方法をお話します。

 

赤ちゃんの生活リズムを整えるポイント8

生活リズムを整えるには「親がリズムをつくる」ことが必須です。赤ちゃんに合わせながらの生活リズムが基本ですが、以下のことを心がけてみましょう。

 

朝起きたら朝日を浴びる

朝昼夜の区別をつけるためにも、「朝が来た!」ということを赤ちゃんに知らせましょう 。

 

朝は決まった時間に起こす

赤ちゃんの生活リズムに合わせながらも、朝起きる時間は親が決めましょう

 

食事の時間を一定にする

月齢が大きくなるにつれ、赤ちゃんのお腹がすく時間が一定になってくると思います。特に離乳食が始まったら、ある程度1日の予定を計画してみましょう。

 

外遊びをして活動量を増やす

日中など赤ちゃんのご機嫌な時間に散歩に出かけたり室内でたくさん遊ぶことで、夜しっかり寝てくれるようになります。

 

昼寝を夕方までさせない

よく寝ているからと言って、昼寝を長い時間させないようにしましょう。遅くても16時頃には起こすようにしましょう。

 

赤ちゃんの生活リズムに合わせる

赤ちゃんを大人に合わせるのではなく、大人が赤ちゃんの生活リズムに合わせましょう。早寝早起きからスタートです。

 

夜更かししても早起きする

お出かけしたりしていつもより夜寝るのが遅くなっても、朝はいつも通りの時間に赤ちゃんを起こしましょう。

 

寝る時間になったらスマホはOFF

赤ちゃんを寝かしつける1時間前からはスマホやテレビを見るのをやめて、寝る体勢を整えましょう。大人も寝る直前にブルーライトを浴びないようにしたほうが熟睡できるそうです。寝かしつけるときは赤ちゃんのことに集中しましょう。

 

 

すべてを徹底することはできないと思います。赤ちゃんが夜なかなか寝ないと、ママも寝不足がちになってしまいます。まずは朝日を入れて赤ちゃんを起こすところからスタートしてみましょう。そして、昼間にしっかりと遊ぶことですね。

 

著者

保育士 中田馨

一般社団法人 離乳食インストラクター協会 代表理事 中田家庭保育所施設長


0~2歳対象の家庭保育所で低年齢児を20年以上保育する。息子が食べないことがきっかけで離乳食に興味を持ち、離乳食インストラクター協会を設立。現在は、保育士のやわらかい目線での離乳食の進め方、和の離乳食の作り方の講座で、ママから保育士、栄養士まで幅広く指導。離乳食インストラクターの養成をしている。「中田馨“和の離乳食レシピ”blog」では3000以上の離乳食レシピを掲載中。BLOG:「中田馨“和の離乳食レシピ”blog


この記事にいいね!しよう

いいね!
80

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。