痛い?痛くない?ドキドキの会陰切開!後悔していることも…【体験談】

2019/04/07 06:30
5
初めての妊娠で「会陰切開」というものを知り、お産におびえていたという新米ママさん。実際に会陰切開を経験してみて、どうだったのでしょうか。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
出産
会陰切開

生まれたての赤ちゃん

 

妊娠はうれしい反面、不安なこともたくさんあります。その中の1つが、出産時の会陰切開という人もいるのではないでしょうか? 私は会陰切開が怖くて仕方ありませんでした。

 

本を読んで会陰切開の恐怖におびえる

初めての妊娠時、右も左もわからなかった私は、妊娠・出産向けの本を購入しました。出産に向けて勉強しようと本を読んでいると、「会陰切開」の文字が……。まさかの股を切るというショッキングな事実に恐怖を覚えました。痛いに決まっている! 痛くないわけがない! 切りたくない! という思いでいっぱいでした。

 

いざ出産。会陰切開しました!

そして出産当日のこと。陣痛に耐えるのに必死で、会陰切開どころではありませんでした。先生が「ちょっと切るからね」と声をかけてくれたのですが、もうどうでもいいから、この痛みから開放して! という思いでした。実際、切った瞬間なんてまったくわかりませんでした。産後に先生が会陰を縫合してくれているとき、縫合の痛みで初めて切ったことを実感したくらいでした。

 

会陰切開時より、産後のほうが痛かった……

夜間の出産だったため当日は病室でそのまま眠り、翌朝に赤ちゃんを見に行こうと新生児室へ行くことに。起き上がろうとベッドに座った瞬間、股に激痛が! 座るのも立つのも痛く、歩くのもやっと。数メートルの距離ですら、何分もかけて歩くほどでした。そして退院前日に抜糸があったのですが、これがものすごく痛かったです。「抜糸は痛くなかった」という声をよく聞いたのですが、私は激痛でした……。

 

 

本で会陰切開を知ったときは、切る瞬間が恐怖で仕方なかったのですが、実際は切ったことなんて気づきませんでした。ただ、麻酔が切れたあとは痛かったです。経産婦さんたちは、クッションの真ん中に穴が開いている「円座」というものを病院で使用していました。妊娠中に準備しておけばよかったと後悔しています。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

◆関連動画 出産ドキュメンタリー(通常分娩)

著者

ライター 木村なち


三児の母。現在4人目を妊娠中。パニック障害を抱えながらの妊娠・出産・育児の経験に基づき、体験談を中心に執筆している。


この記事にいいね!しよう

いいね!
5

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。