0歳児からヨコミネ式保育園に入るとこうなる!【体験談】

2019/03/07 21:30
10
子どもの力を最大限発揮させることを目指すヨコミネ式教育を取り入れた保育園に、生後6カ月の子どもを入園させると……? 実際の体験談です。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
体験談
保育園・幼稚園

整列する保育園児

 

わが家の次女は生後6カ月から2歳までヨコミネ式の保育園に通っていました。ヨコミネ式教育法とは、プロゴルファーの横峯さくらさんの叔父にあたる横峯文吉さんが提唱する教育法のこと。幼い時期はあまり関係ないと思っていたのですが、やはりちょっとした変化や成長が見られました。

 

ヨコミネ式教育法とはどんなもの?

ヨコミネ式教育法とは、プロゴルファーの横峯さくらさんの叔父にあたる横峯文吉さんが提唱する教育法です。卒園するまでに逆立ち歩きができるようになったり、漢字の読み書きができるようになったりと、文武両道で子どもが持つ可能性を引き出していくのが特徴です。

 

長女がすでにその保育園に通っていたのですが、年長児には逆立ち歩き、ブリッジ回転、跳び箱、漢字の読み書き、足し算・引き算・かけ算と、確かにできることがかなりたくさんありました。

 

次女も生後6カ月で入園

自営業の筆者は、次女を生後6カ月でその保育園に入園させました。0歳児のうちはヨコミネ式などは関係なく、先生たちにかわいがられながら過ごしていましたが、年上のクラスの体操を見学する時間などは毎日のようにありました。そして、1歳になり歩き始めると少しずつ生活ぶりが変わってきたのです。


1歳で体操スタート!

1歳児クラスになると、簡単な柔軟体操やランニングが日課に。また、フラッシュカードで物の名前を覚え、発言する練習をするようになりました。学年終わりころにある学習発表会では、1歳児でありながらブリッジができるようになっており、言葉を覚えるのも早かったように思います。

 

 

その後引っ越しに伴い転園してしまったのですが、3歳の今でも体の柔軟性は高いように感じます。また、長女は卒園後も逆立ち歩き、ブリッジ回転、片手側転などができています。小学校に入ってからも、身についた身体能力はもちろん、学習面でもかなり役立っているようです。

 

著者

ライター 岩崎未来


三児(女・女・男)の母。出版社・編集プロダクションの勤務を経たのち、第一子出産を機にフリーランスに。現在は会社役員という肩書きを持ちながらも、ライター・編集者としても活動中。


  • これを良しとする人もいる。
    たが、0歳児と1歳児の発達過程を踏まえたものなのか、疑問に思う。
    もしかして著者は小学校で学習について行けることこそが一番大事と思っているのではないだろうか?

    2019/03/10 15:11

この記事にいいね!しよう

いいね!
10

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード