壮絶だった慣らし保育…笑顔で保育園に通えるようになるまで【体験談】

2019/03/10 21:00
21
ママにべったりだった赤ちゃんが保育園に通うことになり、「ママから離れたくない!」と飲まず食わずで泣き叫び続けた慣らし保育の日々。それを乗り越えて、楽しく保育園に通えるようになるまでの母子の奮闘体験談です。

保育園で遊ぶ赤ちゃん

 

職場に復帰するためには必要不可欠な保育園。しかし子どもにあまりに泣き叫ばれると、そうまでして働く意味はあるのか……と後ろめたく感じてしまいます。

 

思い悩みながらも通わせ続けた結果、保育園に入れて本当によかった! と心から思えるようになった私と娘の保育園奮闘体験談を紹介します。

 

うれしいような寂しいような入園決定 

復職を希望しているため保育園の入園希望を出したものの、いざ保育園の入園決定通知が来ると、ずっと一緒にいられるのもあと何日か……とカウントダウンしてしまうくらい寂しさがありました。

 

娘は生後8カ月で入園したのですが、入園準備を進めるなかで、やっとハイハイができたくらいの赤ちゃんなのに、本当に手元から離してしまっていいのだろうか……と疑問に感じる日々が続きました。

 

毎日大号泣の慣らし保育期間

そんな後ろめたさを抱えたまま始まった慣らし保育。最初の1週間は午前中だけ、次の1週間は午後3時まで……と決められたプログラムで慣らし保育をしていくのですが、娘はひときわ大号泣。毎日お迎えに行くと目を腫らして疲れた顔をして泣いており、先生からも「ごはんも飲み物も拒否で水分が摂れないので、もうしばらく午前中だけで迎えに来てください」と指示があるほどでした。

 

娘が保育園に行っている間は私にとっては貴重な1人の時間でしたが、家事も手につかないくらい罪悪感にさいなまれていました。


ニコニコ登園できる日がやってきた

毎日泣きながらも1カ月ほど頑張って通っていると、少しずつお茶が飲めたりごはんが食べられたり、床に降りて遊べるようになったりと進歩が見られ始めました。先生たちのことも覚え、特に懐いている先生もいたりして、お友だちともだんだんなじみ始めました。

 

通い始めて半年以上経った今では、登園すると早くお友だちのところに行きたくて、体温を測っている間もうずうずしてしまうくらいになり、成長を感じています。

 

 

慣らし保育で泣き叫び続けていたころは、やっぱりうちの子には無理だったんじゃないか、そうまでして働く意味とはなんなのか、と考えてしまっていました。しかし、いざ通えるようになってみるとお友だちができて、先生やお友だちから毎日いろいろな刺激を受け、歌ったり踊ったり外遊びをしたりして楽しそうにしており、頑張って通わせて本当によかったと思えています。こんなにママっ子なうちの娘でも楽しく通えるようになるなんて、保育園の力はすごいなと心底感じています。


著者:わけ はるか

2017年6月に長女出産。1歳を過ぎても夜泣きに悩まされ、アメリカの赤ちゃん専門の睡眠コンサルタントに相談をし、自身も睡眠コンサルタントになるべく資格取得中。 


この記事にいいね!しよう

いいね!
21

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。