【産後ママの後悔】出産時にやっておけばよかったこと個人的TOP3

2019/02/20 20:30
6
この記事では、出産時にやっておけばよかったことについてママがお話しています。もっとかわいくてきれいなパジャマを持っていけばよかった、骨盤ベルトを巻いておけばよかった、子どもの名前を考えておけばよかったというリアルな体験談をぜひ参考にしてくださいね。


カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
体験談
産後の悩み
入院準備
名づけ

出産時にかわいいパジャマを持参すればよかったと後悔するママのイメージ

 

初めての出産を終えて、事前に準備はしていたものの、足りなかったことや思いがけないことなど、「やっておけばよかった~」と思うことがたくさん出てきました。今回は、実際に出産を経験した筆者が個人的に後悔したことTOP3をご紹介します。

 

3:かわいいパジャマを持参しておく

出産のとき、私は授乳しやすさ優先で選んだパジャマを持っていきました。あとで病院で撮影した写真を確認すると、髪はぼさぼさ、ノーメイク、ヨレヨレのパジャマという非常に残念な写真が……。

 

夫は「別に気にならないよ~」と言ってくれましたが、そういうことじゃありません。メイクや髪は仕方ないとしても、せめてもっとかわいくてきれいなパジャマを持っていけばよかったと今さらながらに後悔しています。

 

2:骨盤ベルトは巻いておくべき

骨盤ベルトは、産後の授乳などのときに結構ズレますよね。私はそれがイヤであまり使わなくなったのですが、半年後くらいから徐々に腰痛や肩こりがひどくなり、足のむくみがひどくなっていきました。原因は出産後に骨盤が元の状態に戻らず、開きっぱなしになっていたことだと思っています。

 

1年後に整形外科で指導を受けつつ治したのですが、お金も時間もかかり、産後の戻りやすい時期に、きっちり骨盤ベルトを巻いて戻しておくことの重要性をひしひしと感じました。

 


1:名前を考えておく

出産前に主人と名前の候補だけ挙げておいたのですが、産後ハイになったのか平凡でも誠実で呼びやすい名前を全部スルーして、難読漢字やファンタジーっぽい響きの名前をチョイス! 夫と両親と義両親があわてて止めてくれましたが、自分がハイになっていることすら気付いていませんでした。今でも思い出したくない時期です……。

 

また、隣のベッドのママが生まれた瞬間に名前を呼んであげたと聞き、まだ決めていなかったことをさらに大後悔してしまいました。

 

 

出産は人生の一大イベント。思いもよらなかったことが次々と起きました。とくに産後ハイはまさか自分がなると思っていなかったので今でも驚きです。


著者:中浦明子

一児(女の子)の母。結婚を機に書店員を退職。自身の体験をもとに妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆中。趣味は子どもと散歩、子どもと行けるカフェの開拓。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 


この記事にいいね!しよう

いいね!
6

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。