わが子は口唇口蓋裂だった。実母から「写真を人に見せるな」と言われ…

2019/03/21 21:00
66
口唇口蓋裂という見た目でわかる疾患を持った赤ちゃん。お母さんと赤ちゃんを気づかったはずの周りの言葉が、逆にお母さんを悩ませてしまう原因となってしまいました。そんな体験談をご紹介します。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
口唇口蓋裂
羊水
妊娠高血圧症候群

赤ちゃん

 

妊娠初期の切迫早産、妊娠後期の妊娠高血圧症候群など妊娠中のトラブルを乗り越え、ようやく会えたわが子は、お産の最中に口唇裂ということが判明。周囲は私の産後のメンタルに気を使い、さまざまな配慮をしてくれました。でも、そうだとわかりつつも、周囲のちょっとした言動が、私の心にはグサリと刺さりました。

 

なぜカーテン?

出産当日は体を休めるため、私が赤ちゃんに授乳することはありませんでした。そのため、翌日から授乳がスタート。

 

新生児科の看護師さんと一緒に新生児室へ向かう途中、看護師さんからこんな質問がありました。「以前、口唇口蓋裂の子を持つ親御さんに、他の子と別室にしてほしいと言われてからカーテンを用意するようになったんです。どうされますか?」と。

 

この質問に、私は不要と答えました。そのときは、どうしてカーテンをする必要があるのかわからなかったのです。

母の言葉で質問の意味を知る

でも、面会に来ていた母の言葉で、私はカーテンの質問の意味を理解しました。母は私に「写真を撮っても人に見せてはだめ」という言葉をかけてきたのです。「興味本位で見たり、心ない差別的な言葉をかける人もいるんだから」と。

 

たとえそれが、私や娘のことを思って言ったのだとしても、私はその言葉を理解するのに苦しみました。極めつけには「なんで羊水検査しなかったの?」という見当違いな問いかけに、この子を産んではいけなかった、と言われたように感じてしまったのです。


娘に会えてうれしいはずなのに……

母の言葉を聞いてから、授乳の時間がとても苦痛になりました。他のお母さんたちは、みんなが同じ場所で並んで授乳。仲良くおしゃべりをしている人もいます。それにも関わらず、私だけ少し離れた場所で、壁に向かって授乳しているのです。

 

カーテンはないものの、ひとりだけ孤立しているような状態。その状態に、私はひどく寂しい気持ちになってしまいました。

 

安心できたのは、やっぱり夫の一言

日に日に元気をなくしていく私。それを救ってくれたのは夫でした。「ぼくとみいちゃんのところなら、安心して生きられると思ったからきてくれたんだよ」。母に言われた一言がグサリと胸に突き刺さっていた私に、温かい言葉をかけてくれました。

 

この先、娘は手術や通院以外にもつらい経験をしてしまうかもしれません。でも、私と夫のところなら大丈夫だと思ってくれたんだと、傷ついていた私にはその言葉がとてもうれしくてたまりませんでした。

 

 

身内の言葉というのは、自分自身のメンタルにとても大きく影響すると思っています。私の場合、理解者であってほしい実母からの言葉に一番傷ついてしまいました。でも、パートナーである夫がしっかりと支えてくれたため、沈んだ気持ちを持ち直すことができました。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

著者

ライター いとう みい


夫と娘、猫1匹と暮らすフリーの事務員兼デザイナー。娘は産後に口唇裂が判明。主に妊娠・出産・子育てや趣味のコレクション、ダイエットレシピについて執筆している。


  • 身内の言葉、とくに実母の言葉は刺さりますよね。
    私は2人目出産直後に「これで出産は終わりにしてね!」「あなたに何かあったら、私はこの子を恨むから!」

    私は3人兄弟で育ち、授かることも含め、「育てられるなら3人でもいいんじゃない?(^^)」と実母と話してたこともあり、病室で言われた言葉に、頭が真っ白になりました。

    里帰り出産で、上の子を実家で見てもらっていましたが、下の子の授乳の度に上の子も起きてしまい、「3時間おきじゃなく、早めにミルクをあげて泣かせないで!」と言われてショックを受けました。

    里帰りを中断しようか悩みましたが、頼れる人がいなかったのと、出産時に出血が多かったらしく、退院後も、上の子も授乳の度に起きて泣くので、実母も心配と睡眠不足、疲労等で仕方がなかったのかもと、今では思えるようになりました。
    今では、子ども2人も可愛がってくれるので、ホッとしてますが、言われた言葉はまだ忘れられません(^_^;)

    2019/03/26 00:51
  • このコメントは削除されました。

    2019/03/27 20:33
  • わたしも娘だとわかった時に、眉をさげながら旦那さんがっかりしてた?と言われました。
    娘でだめだったの?ってこと?と、もともと苦手だった実母から心が一気に引きました。

    実の娘だから本音を言うってことなんでしょうかね?
    それによって人がどう思うかなど、想像もせずに自分の感情の解消のために、言葉をぶつけてくる
    実母だからこそ、娘としては受け入れられないですよね

    2019/03/30 09:31
  • このコメントは削除されました。

    2019/04/04 00:47
  • このコメントは削除されました。

    2019/04/04 00:49
  • このコメントは削除されました。

    2019/04/04 00:51
  • このコメントは削除されました。

    2019/04/04 00:52
  • このコメントは削除されました。

    2019/04/04 00:54
  • 鼻からミルク飲むのですか?!

    2019/04/07 06:29
  • このコメントは削除されました。

    2019/04/07 06:31
  • 実母の言葉というものは尚更深く心へ傷を残しますね。私も妊娠中に性別を聞かれ、「男だったら川にほかしよ(笑)(捨てろ)」と言われた事が未だに残っています。
    父との暴力で離婚、娘しか育てたことのない母にとって、男は嫌だったようです。その言葉とは裏腹に、私は男の子を4人授かりました。女性を大切にする優しい男の子に育っています。母の心も癒されるよう、息子達を信じて見守ろうと思います。
    きっと、お母様も携帯は孫の写真だらけというおばあちゃん達のように、自然と心変わりする日が来ること、願っております。

    2019/04/10 15:12
  • 歯科医師をしています。
    口唇口蓋裂の方は実はとても多いんです。とても多いのに、なんでなかなか出会わないんだろう?
    それは、みなさんすっごく綺麗に治ってて全然わからないからです!!
    今の成人で綺麗に治ってるんですから、医療が日々進化する中で、今の赤ちゃん達はもっともっと綺麗に治りますよ。
    私の知っている口唇口蓋裂を持って生まれた患者さん達は、普通に結婚して、健康なお子さん産んで、幸せになってます。
    治療途中は、もちろん不安心配あると思います。でも、必ず!ゆくゆく綺麗なお姉さんになります(^^)

    筆者さま、そしてとんでもなく素敵な旦那様、そのお2人を選んで生まれてきた可愛い可愛い赤ちゃん。素敵です(^^)

    2019/04/18 10:13

この記事にいいね!しよう

いいね!
66

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。