わが子は口唇口蓋裂だった。実母から「写真を人に見せるな」と言われ…

2019/03/21 21:00
162
口唇口蓋裂という見た目でわかる疾患を持った赤ちゃん。お母さんと赤ちゃんを気づかったはずの周りの言葉が、逆にお母さんを悩ませてしまう原因となってしまいました。そんな体験談をご紹介します。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
口唇口蓋裂
羊水
妊娠高血圧症候群

赤ちゃん

 

妊娠初期の切迫早産、妊娠後期の妊娠高血圧症候群など妊娠中のトラブルを乗り越え、ようやく会えたわが子は、お産の最中に口唇裂ということが判明。周囲は私の産後のメンタルに気を使い、さまざまな配慮をしてくれました。でも、そうだとわかりつつも、周囲のちょっとした言動が、私の心にはグサリと刺さりました。

 

なぜカーテン?

出産当日は体を休めるため、私が赤ちゃんに授乳することはありませんでした。そのため、翌日から授乳がスタート。

 

新生児科の看護師さんと一緒に新生児室へ向かう途中、看護師さんからこんな質問がありました。「以前、口唇口蓋裂の子を持つ親御さんに、他の子と別室にしてほしいと言われてからカーテンを用意するようになったんです。どうされますか?」と。

 

この質問に、私は不要と答えました。そのときは、どうしてカーテンをする必要があるのかわからなかったのです。

母の言葉で質問の意味を知る

でも、面会に来ていた母の言葉で、私はカーテンの質問の意味を理解しました。母は私に「写真を撮っても人に見せてはだめ」という言葉をかけてきたのです。「興味本位で見たり、心ない差別的な言葉をかける人もいるんだから」と。

 

たとえそれが、私や娘のことを思って言ったのだとしても、私はその言葉を理解するのに苦しみました。極めつけには「なんで羊水検査しなかったの?」という見当違いな問いかけに、この子を産んではいけなかった、と言われたように感じてしまったのです。


娘に会えてうれしいはずなのに……

母の言葉を聞いてから、授乳の時間がとても苦痛になりました。他のお母さんたちは、みんなが同じ場所で並んで授乳。仲良くおしゃべりをしている人もいます。それにも関わらず、私だけ少し離れた場所で、壁に向かって授乳しているのです。

 

カーテンはないものの、ひとりだけ孤立しているような状態。その状態に、私はひどく寂しい気持ちになってしまいました。

 

安心できたのは、やっぱり夫の一言

日に日に元気をなくしていく私。それを救ってくれたのは夫でした。「ぼくとみいちゃんのところなら、安心して生きられると思ったからきてくれたんだよ」。母に言われた一言がグサリと胸に突き刺さっていた私に、温かい言葉をかけてくれました。

 

この先、娘は手術や通院以外にもつらい経験をしてしまうかもしれません。でも、私と夫のところなら大丈夫だと思ってくれたんだと、傷ついていた私にはその言葉がとてもうれしくてたまりませんでした。

 

 

身内の言葉というのは、自分自身のメンタルにとても大きく影響すると思っています。私の場合、理解者であってほしい実母からの言葉に一番傷ついてしまいました。でも、パートナーである夫がしっかりと支えてくれたため、沈んだ気持ちを持ち直すことができました。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

著者

ライター いとう みい


夫と娘、猫1匹と暮らすフリーの事務員兼デザイナー。娘は産後に口唇裂が判明。主に妊娠・出産・子育てや趣味のコレクション、ダイエットレシピについて執筆している。



この記事にいいね!しよう

いいね!
162

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。