吐き戻しが多くて大変!げっぷをラクにじょうずに出すコツ教えます

2019/03/19 20:00
43
赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中! この記事では、助産師の榎本さんが赤ちゃんのげっぷをラクにじょうずに出すコツについて解説しています。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
授乳

赤ちゃんを抱いているママ

 

赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中! 今回は、助産師の榎本さんからメッセージです。

 

こんにちは。助産師、国際ラクテーションコンサルタントの榎本です。今日は、授乳後のげっぷがじょうずに出せなくて悩まれているお母さんに、げっぷをじょうずに出すコツについてご紹介します。げっぷのコツをつかめば吐き戻しなどが少なくなり授乳後がラクになりますよ。

 

げっぷをじょうずに出すには、赤ちゃんの姿勢が大事だった!

げっぷを出すときは、赤ちゃんの胸から首がまっすぐになるようにします。あごが胸についてうつむきがちにならないようにします。胃を圧迫すると、空気が上がりやすくなりげっぷが出やすくなります。

 

胃の圧迫のさせ方は2通りあります。

 

【抱っこしてさせる場合】

赤ちゃんの胃にお母さんの肩があたる位置まで持ち上げて圧迫します。赤ちゃんの顎を肩にかけると安定します。このポジションが低いほうが多いです。

 

【膝にのせてげっぷさせる場合】

手のひらや腕で胃を圧迫させます。

 

どちらも、背中をトントンと音がする程度に優しく叩いたり、下から上に押しあげるようにさすってげっぷを出すようにします。

 

途中にげっぷをする中間排気を試してみる!

胃にいっぱい母乳やミルクがあると、胃にたまった空気が出しずらくなってしまうことがあります。飲み終わったらげっぷではなく、途中にげっぷをする中間排気を試してみましょう。

 

おっぱいの場合は、片方授乳し終わったら一回げっぷさせます。もう片方を飲ませて、最後にまたげっぷをさせます。 ミルクの場合、半分くらい飲んで少しペースが落ちてきたら一回中断させてからげっぷをさせて、再度飲ませ始めます。


げっぷが出なくても大丈夫!

おっぱいの場合、空気を飲み込むことが少ないので、げっぷが出ないこともあります。げっぷが出なかった場合は、5〜10分縦抱きにして様子をみてから寝かせれば大丈夫です。

 

左横向きになって寝かせる、授乳クッションやタオルなどを使って上半身を高めにするようにして寝かすなどすると、吐きずらかったり、吐いても横に流れるので安心です。また、月齢が進むとじょうずに自分で出せるようになることもあります。

 

げっぷをうまく出せないと、吐き戻しが心配だったり、着替えが多くなってお母さんの負担になることも。コツをつかんでしまえば、ラクにできるようになりますよ。

 

監修者・著者

助産師 榎本美紀

国際ラクテーションコンサルタント・おむつなし育児アドバイザー


2001年に助産師免許取得後、杏林大学医学部付属病院・さいたま市立病院・順天堂大学練馬病院の勤務を経て、2013年に埼玉県さいたま市に訪問型の助産院「みき母乳相談室」を開業しました。病院勤務での経験を元に、母乳育児支援の国際ライセンスである国際ラクテーションコンサルタントとして、地域の母乳育児を支援しています。訪問時の相談は、母乳だけではなく離乳食や抱っこひも、スキンケア、寝かしつけなど多岐にわたることも。また、おむつなし育児アドバイザーとして、トイレトレーニングなどの相談も受けています。自身も一児の母として奮闘中です。HP:「みき母乳相談室



この記事にいいね!しよう

いいね!
43

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード