「どうして…」生後3日目、毎日孤独と不安で涙…【どん底エピソード】

2019/03/26 18:00
1
赤ちゃんが生まれて幸せいっぱいかと思っていたのに、とんだ落とし穴が……。初めての授乳につまづき、どん底を味わったママの体験談です。

ミルクを飲む赤ちゃん

 

私の子育て人生の始まりは2011年でした。この年は東日本大震災など、世間的にもたくさんのことがありましたが、私のどん底は長男を出産した3日後にやってきたのです……。

 

マッサージを受けて授乳の準備はバッチリ

帝王切開での出産。その翌日まで抗生物質の点滴を受けていたので、授乳がスタートするのは産後3日目からでした。

 

それまでは助産師さんたちが作ってくださったミルクを、言われるままに飲ませていました。病院のスケージュールの中で、おっぱいがよく出るようにおっぱいマッサージをしてもらい、たくさん出ていたので授乳の準備は完璧のつもりでいたのです。

 

幸せな授乳タイムの始まり……?

3日目、いよいよおっぱいでの授乳がスタートです。私が出産した病院では、ママと赤ちゃんが授乳室に集合しておっぱいを飲ませていました。赤ちゃんの体重を測って、おっぱいをくわえさせて飲ませて、また体重を測って。

 

みんながどんどん授乳を終わらせていくなか、私はなかなかうまく飲ませることができず、じょうずに飲ませられない不安と孤独でいっぱいでした。


孤独と不安で毎日涙……

個室に戻っては、「帝王切開で産んだからちゃんと飲んでもらえないのかな」「おっぱいが大きすぎるから飲みにくいのかもしれない」「ミルクのほうがおいしいのかも……」と自分を責め、ひとりで大泣きしては寝られない夜を過ごしていました。

 

赤ちゃんは母乳で育てるのがいいからと周りに言われ、誰にも相談できずにいました。そして朝が来るとまた恐怖の授乳教室が始まり、挫折して個室に帰り、泣きながら搾乳する。そんな入院生活でした。

 

 

あんなに涙にくれながらおっぱいをくわえさせて頑張っていましたが、その後は搾乳して哺乳瓶で飲ませたり、夜中はミルクにしたりと、負担の少ない授乳に移行していきました。生後3カ月ごろからは完全ミルク生活にしたことで、苦しみから解放されて、楽しく子育てができるようになりました。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

著者

ライター 舟橋海央


4歳差の男子2人の母。同じ男の子でも性格の違う2人からいろいろ学びながら子育てを満喫中。自身の子育て体験をもとに記事を執筆している。


この記事にいいね!しよう

いいね!
1

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード