Q.大人の食事と子どもの食事、別々に作るのは大変…何かいいアイデアないかな?(産後のママ)

提供:アクアクララ
Q.大人の食事と子どもの食事、別々に作るのは大変…何かいいアイデアないかな?(産後のママ)

1才半を過ぎてくると、そろそろ離乳食は卒業して幼児食になります。食べられる食材も食べる量も増えてくるので、ママもメニューを考えるのが楽しくなりますね。とはいえ、離乳食を卒業しても、すぐに大人と同じものを食べられるわけではありません。大人の味つけでは濃かったり、子どもには食べなれない味の場合もあります。毎食、大人と子どもの料理を別々に作るのはちょっと面倒。家族が一緒に楽しめる幼児食を作るには、どんな工夫をするといいでしょうか?

子どもの食事をメインに作り、大人向けに味つけをアレンジ!

子どもの食事をメインに作り、大人向けに味つけをアレンジ!

離乳食を卒業したといっても、子どもの食べる食事にはまだまだ気を配る必要があります。「自分で食べたい!」という気持ちが芽生えるように、食べやすい大きさやかたさにしたり、好きなものばかりで栄養が偏らないように工夫したいですね。また、味覚が発達する時期だからこそ、素材本来の風味やうまみを楽しめるように、薄味を心がけましょう。大人と子どもの食事を一緒に作るときは、まず薄味で子ども用を作り、取り分けてから大人用を作ったり、大人の分だけあとから味を加えるようにすれば、同じ料理を親子で食べることができます。

ひとつのお鍋で家族みんなの料理が作れるワンポット料理は手軽

ひとつのお鍋で家族みんなの料理が作れるワンポット料理は手軽

家族みんなの食事を作るときに、お鍋ひとつで済むと、とてもラクですよね。例えば野菜がたっぷり入ったスープの中に、ごはんや茹でたパスタを加えれば、それだけでスープがメイン料理に早変わり! 味つけを薄めにした子ども用にトッピングを加えれば、大人用にアレンジすることもできます。もちろんウォーターサーバーがあれば、すぐにお湯が出るので、調理時間も大幅に短縮。

今回は、管理栄養士さん監修の、忙しい朝でも簡単に作ることのできるレシピを紹介します。

忙しい朝もワンディッシュで簡単。のどごしのいい“野菜のリゾット”

忙しい朝もワンディッシュで簡単。のどごしのいい“野菜のリゾット”

<材料>(大人2人、幼児1人分)

  • ごはん 400g
  • ハム 4枚
  • たまねぎ 1/4個
  • にんじん 1/4本
  • バター 5g
  • コンソメスープ 300cc(アクアクララのお湯 300cc、コンソメスープの素1袋[5g])
  • 幼児用トッピング(1人分):粉チーズ小さじ1
  • 大人用トッピング(1人分):粉チーズ小さじ2、黒こしょう 少々

<作り方>

  1. ハム、にんじん、たまねぎは、それぞれみじん切りにする。
  2. 鍋にバターを溶かし、1を入れて炒め、たまねぎが透き通ってきたら、コンソメスープ、ごはんを加え、火が通るまで弱火で煮る。
  3. 器に盛り付け、それぞれトッピングをかける。

レシピ考案

富田チヤコ(管理栄養士・フードコーディネーター)
書籍や女性誌の栄養監修や食品カタログのコピーライティングに関わるほか、クックパッドニュースをはじめとして雑誌やwebなどで「健康」「食」について発信。YBSラジオ1ミニッツストーリーCMアワード優秀賞、フードコーディネーター協会賞、レシピコンテストなどの受賞歴がある。

おいしいお水で子どもと楽しく食育を

いかがでしたか? ウォーターサーバーを使うと水だけでなく、すぐにお湯が出せるので、食事作りがとっても便利。ママの調理の手間が楽になれば、家族みんなでゆっくり食事ができ、子どもにも食事はおいしくて楽しい!と伝わります。アクアクララのウォーターサーバーで毎日の食卓が楽しくなりますよ!

ベビアクアプランについてはこちら
あんしんなお水の知識をつけよう
毎日の食卓をウォーターサーバーで便利に