妊娠中から離乳食までのおいしいレシピ紹介!下ごしらえにウォーターサーバーが大活躍!(後編:9~11カ月の赤ちゃん)

提供:アクアクララ
妊娠中から離乳食までのおいしいレシピ紹介!下ごしらえにウォーターサーバーが大活躍!(後編:9~11カ月の赤ちゃん)

赤ちゃんが9~11カ月ごろになると、個人差はあるものの徐々に離乳食がメインになってくる時期。食べることのできる食材も増えてきます。また、味つけも少しずつできるようになってきます。とはいえ、大人と同じような塩分の強い味つけは控えたいもの。素材本来の味や、だしを使った味つけを心がけましょう。

おいしいだしのコツはミネラル分の少ない軟水!

おいしいだしのコツはミネラル分の少ない軟水!

おいしいだしをとるには、おいしい水がポイント。しかも、ミネラル分の少ない軟水がおすすめです。不純物や雑味が取り除かれたピュアな水を、いつでも使うことのできるウォーターサーバーがあると便利です。今回は、管理栄養士さん監修のアクアクララのお水を使っただしで作る、離乳食後期のおすすめレシピを紹介します。

※アクアクララに新規入会するともれなく「フィリップス マルチチョッパー」がもらえるキャンペーンを実施中。レシピは「フィリップス マルチチョッパー」を使用しています。

塊肉から作る!栄養満点の「鶏だんご入り野菜スープ」

塊肉から作る!栄養満点の「鶏だんご入り野菜スープ」

鶏だんご入り野菜スープ

<材料>(5食分)

  • 鶏胸肉 50g(皮を取り除く)
  • 豆腐 30g
  • 片栗粉 小さじ1/2
  • キャベツ(葉先) 30g(約1/2枚)
  • たまねぎ 50g(約1/8切)
  • ミニトマト 50g(小5個)
  • だし汁(アクアクララのお湯) 500cc
  • しょうゆ 少々

▼フィリップス マルチチョッパーの基本説明はこちらをご覧ください
http://www.philips.co.jp/c-m-ho/food-preparation/multi-chopper

<作り方>

だし汁:小鍋にかつお節20gを入れ、アクアクララのお湯を500cc注ぐ。10分程度そのまま置き、茶こしでこす。

  1. トマトは皮をむき、種をのぞいて粗く刻む。
  2. マルチチョッパーのカップに、チョップドロップ用バスケットとブレードをセットし、キャベツとたまねぎを入れて、カットする。
  3. 鍋にだし汁を入れて弱火にかけ、1と2を加えてやわらかく煮る。
  4. マルチチョッパーのカップに、フードプロセッサー用ブレードをセットして、鶏胸肉を入れてカバーと本体をセットし、連続プッシュでひき肉にする。ひき肉になったら、片栗粉を加えて混ぜる。
  5. 3の鍋に、4のつみれを小さな団子状にして入れて、煮る。
  6. 最後にしょうゆを少量加え、味を整える。

レシピ考案

富田チヤコ(管理栄養士・フードコーディネーター)
書籍や女性誌の栄養監修や食品カタログのコピーライティングに関わるほか、クックパッドニュースをはじめとして雑誌やwebなどで「健康」「食」について発信。YBSラジオ1ミニッツストーリーCMアワード優秀賞、フードコーディネーター協会賞、レシピコンテストなどの受賞歴がある。

ウォーターサーバー大活躍POINT

ウォーターサーバー大活躍POINT

アクアクララのおいしいお水は独自の技術「RO膜(逆浸透膜)」でろ過した軟水。赤ちゃんの離乳食にも安心して使え、おいしいだしを作ることもできます。しかも、アクアクララがあれば水から沸騰させてお湯を沸かす必要がありません! 

必要なときに適温のお湯がすぐに用意できるので、調理がラクラク。今回のだし汁も鍋に素材を入れてアクアクララのお湯を注ぎ、置いておくだけの簡単さ。だし汁のうまみが野菜にしっかりしみこんだおいしいスープが手軽に作れます。

おいしいお水やお湯がさっと用意できるアクアクララでママの離乳食づくりを応援!

おいしいお水やお湯がさっと用意できるアクアクララで離乳食づくりがもっと簡単に楽しく!

いかがでしたか? 離乳食が進むと、ますます赤ちゃんが食べることの楽しさを感じていきます。ママも赤ちゃんにおいしい食事を作ってあげたいですよね。アクアクララのウォーターサーバーがそんなママの離乳食づくりを応援します。調理も短時間になって、ママの育児にゆとりができますよ。

あんしんなお水の知識をつけよう
毎日の食卓をウォーターサーバーで便利に