暑い夏に大活躍!火を使わずに作れる簡単離乳食レシピ(離乳食初期編)

提供:アクアクララ
暑い夏に大活躍!火を使わずに作れる簡単離乳食レシピ(離乳食初期編)

赤ちゃんの離乳食作りは出汁を取ったり、加熱したり、すりつぶしたりと意外と大変。でも、離乳食初期にこそ赤ちゃんには安心でおいしいものを食べさせたいですよね。

そこで、暑い夏にウォーターサーバーのお湯と電子レンジだけで簡単に作れる「火を使わない離乳食」をご紹介します。

赤ちゃんに魚を食べさせたいなら刺身をアレンジしよう

赤ちゃんに魚を食べさせたいなら刺身をアレンジしよう

離乳食はおかゆからスタートし、次に野菜を食べさせます。離乳食初期の後半になると、タンパク質も食べられるようになるので、豆腐や白身魚にも徐々に慣れさせていきましょう。

ママたちが悩むのが魚を使った離乳食レシピ。切り身の魚だと骨や皮もありますし、赤ちゃんが食べるのはほんのひとくちだけなので余ってしまうこともあります。そんなときは、たいやひらめなどのお刺身1切れとアクアクララのお湯を使えば簡単です。

お刺身なら骨はもちろん、生で食べられるほど鮮度もいいので、赤ちゃんが初めて食べるときにも安心。お刺身一切れにアクアクララのお湯をそのまま注いだり、鰹節や出汁パックと一緒にいれてお湯を注ぐだけで、風味たっぷりの離乳食が作れます。

レンジでチンでできた!簡単おさかな離乳食レシピ

とろ〜りおいしい白身魚と大根のすりながし

とろ〜りおいしい白身魚と大根のすりながし

<材料>(1回分)

  • 白身魚(たいなど)の切り身:1切れ
  • 片栗粉:少量
  • 大根:30g(1cmぐらいの輪切り)

<作り方>

  1. 耐熱容器にアクアクララのお湯1/2カップと刺身を入れ、600wのレンジで30秒加熱。刺身をとり、すりつぶす。
  2. 大根は皮をむき、すりおろす。
  3. 1と2を耐熱容器に入れ、600wのレンジで1分加熱。熱いうちに水溶き片栗粉(分量外)を加えてとろみをつける。
 

レシピ考案

富田チヤコ(管理栄養士・フードコーディネーター)
書籍や女性誌の栄養監修や食品カタログのコピーライティングに関わるほか、クックパッドニュースをはじめとして雑誌やwebなどで「健康」「食」について発信。YBSラジオ1ミニッツストーリーCMアワード優秀賞、フードコーディネーター協会賞、レシピコンテストなどの受賞歴がある。

不純物が含まれていない軟水が離乳食にぴったり

不純物が含まれていない軟水が離乳食にぴったり

赤ちゃんに与えるお水は安心ものであることはもちろん、内臓に負担をかけない軟水であることも大事。アクアクララは不純物が含まれていない軟水なので、離乳食づくりにもおすすめです。

また、すぐにお湯が出るので加熱時間短縮することができます。家事や赤ちゃんのお世話をしながら手作りの離乳食やおやつを作ってあげたいママにとって、アクアクララのウォーターサーバーは心強い味方になってくれますね。

あんしんなお水の知識をつけよう
毎日の食卓をウォーターサーバーで便利に