夜泣きしないためのヒント

いくつかの方法があります。赤ちゃんに合う合わないがありますし、必ずしも夜泣きを止められるとは限りません。
まずは試していただいて、それから、赤ちゃんの個別の様子について、ご相談くださいね。

お昼寝の時間を調整してみましょう。

夜にねんねしてもらうため、お昼寝の時間を調整しましょう。午後3時を過ぎてもお昼寝をする習慣になっているようなら、一度起こしてあげるようにしましょう。夜眠りにつきやすくなります。

起きている間に、たくさんうつ伏せ遊びをさせてみましょう。

全身を動かす機会を増やしていただくことで、疲れてこてんと寝てくれるようになるかもしれません。

生活リズムを整えてみましょう。

どんなに夜中に起きていても、朝は7時に起こしてあげるようにすることも大切ですよ。そうして、生活リズムを切り替えられるようにしてみてくださいね。

マッサージをしてあげましょう。

夜赤ちゃんが寝る前もしくはお風呂の後などに、マッサージをしてあげるのもよいかもしれません。赤ちゃんがリラックスできて、眠りが変わるかもしれません。


6-7カ月の赤ちゃんの夜泣きについて

赤ちゃんのお口の中を見てもらって、盛り上がっているような歯茎はありませんか? もしかしたら歯が生えてきているのかもしれません。 下の歯が生えていたら、上の歯が生えてきてないか見てみてください。 生えてくるときには、夜間に疼いて目が覚めたりしますよ。


助産師に相談コーナー 担当
宮川めぐみ・在本裕子