哺乳瓶、ミルク拒否が止まりません

みなさんの育児中の悩みを助産師助産師とは?に無料で相談できます。
相談内容は他の方とかぶっても構いません。
離乳食や出産後の食事に関する相談は、「管理栄養士に相談(育児中)」へお願いいたします。

  • いただいたご質問には、通常3日以内を目処に担当助産師から回答いたします。土・日・祝日・年末年始は、原則休み明けの回答となります。ご了承ください。
  • 病気の診断など、医師の判断を必要とするお問い合わせ、及び、助産師資格の範疇外へのお問い合わせに関しては、回答が難しい場合があります。掛かりつけの医師など、他の専門家への相談を促す場合もあります。ご了承ください。
  • お問い合わせへの回答は、ご自身のご判断と責任を含め、ご参考ください。
  • また、質問及び回答内容はベビーカレンダーの記事などで紹介させていただく場合があります。
  • 2019年4月以降、最新の研究に基づき改訂された厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド 2019年3月」をベースにし、相談された方の内容に合わせて回答しています。
哺乳瓶、ミルク拒否が止まりません【助産師に相談(育児中)】
1 2 アキ 2019/07/06 22:57ID: 51023

もうじき3ヶ月になる女の子、第一子です。
もう1ヶ月もミルク拒否があり、思考錯誤しながら
、良くなったり、戻ったりを繰り返しています。
母乳は60ccと少なく、ミルクメインの混合です。

現在
4:00 ミルクのみ授乳(拒否あるときは直母)
8:00 ミルク、母乳
12:00 ミルク、母乳
16:00 ミルク、母乳
20:00 ミルク、母乳
22:00 ミルク(拒否あるときは直母)
のようにあげています 4時間おきです。

22:00は、眠気強く、ほとんど実行すらできず
20:00の授乳を最後に、4:00まで起きないことがほとんどです。

数日前から哺乳瓶を口に含む前から、仰け反り、顔を振って大泣きして、ほとんど飲まなくなりました。
その前はなんとかイヤいやしながらも80くらいは飲めていて1日トータル450ccくらいは飲めていたのが
今は200ccいくかどうか。
母乳は嫌がらず飲むのですが
一度火がつくと、母乳も拒否。むしろ、母親の抱っこを拒否します。

夏場なので、脱水が気になり、授乳にやっきになってしまい 泣いてもミルクを飲ませることをやめず 無理強いしてきたからでしょうか。
夫が飲ませると比較的飲めるのに
私では拒否が強くてダメです。
落ち込みます。
授乳がストレスになっていて、イライラするから、きっと我が子もストレスになってしまっていると思います。

ミルクの飲みが悪いため
脱水が怖くて外出出来ません。
おしっこの回数は5、6回と少なくなり
便も硬くなり、1日1回、2日に1回です。

私のせいで、子供が脱水になったり、痩せていったり、命の危機に晒されたらどうしようと
焦って、無理じいして、泣かせて、の悪循環が止まりません。

乳首は全メーカー、サイズアップも含めて試しました。
ミルクの種類もためしました。
スプーンで飲ませてみました。
全部ダメでした。

幸い 母乳には吸い付いてくれます。夫があげるミルクはムラはあれど、飲んでくれます。
いっそ、頻回授乳で母乳だけでがんばるか、いっそミルクのみで頑張るか。悩んでいます。
なにかアドバイス頂けたら幸いです。

週明け、母乳外来には連絡を入れるつもりです。

この発言にいいね!しよう

いいね!
1

現在ログインしていません。

  • [助産師] アキさん、おはようございます。
    ご質問ありがとうございます。
    お子さんが哺乳瓶やミルクを飲まないことがお悩みなのですね。

    色々お試しいただいて、試行錯誤なさっていますね。
    授乳の仕方のご希望は、ママさんのお考えによるところが大きいですので、もし、哺乳瓶を飲んでくれないことが大変であれば、頻回授乳にしていただいてもいいかもしれませんね。特に夜間は、母乳の分泌を促すプロラクチンの分泌が日中の2倍ほど増えると言われています。深夜、日付が変わったぐらいから高まるといわれていますよ。ですので、夜間であっても、長くても4〜5時間間隔程度で授乳をしていただくと、おっぱいの分泌のためにはいいと言われています。
    その日のご体調によって、おっぱいの分泌量は増減しますよ。1日の中でも、おっぱいの濃度や量などが変化すると言われています。一般的には、お疲れがたまっていたり、栄養不足、水分不足などの場合には、一時的に分泌量が減ることもありますよ。ですが、分泌量が減ってしまってもお子さんに頻回に飲んでもらったり、搾乳することで、分泌量をキープすることができますよ。
    また、身体を冷やさない、栄養をバランスよくしっかり摂る、常温または温かい水分を十分に摂る、肩回しや首回しなどをして血行を良くするなどを心がけていただくと、母乳の維持や分泌量アップに効果があると言われています。
    おっぱいの分泌を増やすお食事としては、野菜中心のヘルシーな食事や和食など、バランスのとれた食事も大切です。ケーキや揚げもの、乳製品といった高カロリー・高脂肪のものは控えましょう。栄養価が高く、体を温める根菜類の入ったお味噌汁などがおすすめですよ。
    よろしければお試しになってみてくださいね。
    母乳外来でご相談のご予定があるということですので、またよく診てもらってくださいね。
    助産師:高塚あきこ 2019/07/07 07:02 ID: 401034
    いいね!
    0
  • 高塚先生
    ありがとうございます。少し気が晴れました。
    ガンバって見たいと思います
    アキ 2019/07/13 23:13 ID: 403601
    いいね!
    1

コメント必須

残り文字

ニックネーム必須

現在ログインしていません。ログインして投稿しますか?

残り文字

必ず「ご利用のルールとマナー」と「利用規約」をご確認、同意の上投稿をお願いいたします。ルールとマナーを守って投稿しましょう!

助産師に相談(育児中)の注目発言

助産師に相談(育児中)のコメント数ランキング

コメント編集

残り文字

一度削除したコメントは元には戻せませんのでご注意ください。

キャンセル

発言を削除しますか?
一度削除した発言は元には戻せませんのでご注意ください。

トピック編集

タイトル(30文字以内)

本文(2,000文字以内)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。

違反項目

報告内容

残り文字

ご注意ください
・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。
・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。

ログイン

メールアドレス

パスワード

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

マイトーク

投稿した発言

  • ログインすると投稿した発言一覧がここに表示されます。

投稿したコメント

  • ログインすると投稿したコメント一覧がここに表示されます。

最近見た発言

  • ログインすると最近見た発言一覧がここに表示されます。

クリップした発言

  • ログインするとクリップした発言がここに表示されます。