ベビーカレンダー

6/23 Wed

プレゼント

メニュー

閉じる

ログイン

知育の専門家からヒモ解く!No.1知育おもちゃ「ことばずかん」&「もじキューブ」が言葉の発達と文字習得を促す理由

知育の専門家からヒモ解く!No.1知育おもちゃ「ことばずかん」&「もじキューブ」が言葉の発達と文字習得を促す理由

赤ちゃんは1歳前後になるとイメージを背景として有する言葉を話し始めます。そして、しっかり会話として成立するようになるのは3歳前後、文字を読めるようになるのは4歳ごろだと言われています。言葉や文字はいきなり覚えるわけではありません。サポート役はママやパパの役目。1歳頃から遊びや会話から言葉や文字に慣れ親しみ楽しく言葉の発達を促したいものです。
そこで、言葉の発達や子どもの読書課程を研究されている先生にこの時期のママが悩むことばの発達や遊びながら楽しく言葉やひらがなを身に付けるコツについて答えてもらいました。また、先生からのポイントが詰まった「にほんご えいご 二語文も! アンパンマン おしゃべりいっぱい! ことばずかん Super DX」と文字を学べる「ことばをつくろう!アンパンマンおしゃべり もじキューブ」についても紹介します。

ママたちにとって気になる言葉と文字の習得の疑問&お悩み

「同い年のお友だちは、もうお話できるのに…」。「もしかして、うちの子、言葉が遅い?」。「ひらがなのお勉強はいつ頃から始めるのが普通?」編集部にはママたちの言葉の発達や文字習得に関する悩みや疑問の声が多く寄せられてきます。あんよやたっちといった運動発達と同様に言葉の発達は気になるものです。

Q1

まわりの同じ年のお友だちはたくさん話せるのに、うちの子はほとんど話せません。言葉の遅い、早いや、覚える言葉が多い、少ないの差はなぜ?

A1

発語は、舌や口の周りの筋肉に関係があり、その発達には個人差があります。体の発達の差に加え、ママやパパの語りかけの多さや、ママパパ以外の兄弟姉妹や祖父母など、多くの人からの話しかけが多いと脳への刺激となって言葉が定着しやすい傾向にあります。

ママと添い寝する女の子

Q2

言葉の発達を促すための遊び方や興味を持たせるコツは?

A2

まだ言葉がわからない月齢でもたくさん話しかけることが大切です。でも、ただ語りかけるのではなく、手触りや動作などを連動させると有効です。たとえば、絵本や図鑑などで、お子さんが指さした物の名前を教えたり、室内にある同じ生活用具を指さしたり、文字の書いてあるカードや積み木などで物の名前を並べたり、お子さんの興味を誘うおもちゃや絵本、身近な生活用具を使って遊びながら学ぶとよいでしょう。

パパとママと絵本を読みながら遊ぶ男の子

Q3

言葉が出てきたら、ひらがななどの文字も覚えさせたい。何歳くらいからスタートさせればいい? 2歳以前にもできることは?

A3

ひらがな等の文字が言葉を表したものであることがわかるのは絵本の表紙や飲み物食べ物のパッケージに書かれた文字に興味を覚える2歳後半~3歳くらい。ただ、2歳前でも、言葉や文字を目や耳から刺激として与えると、ひらがなの意味はわからなくても形として覚え、この先の読み書きも習得しやすくなります。好きなキャラクターの名前を早い段階から読める子がいるように、お子さんが興味を示したら何歳からでも文字に触れさせましょう。

絵本を真剣に読む男の子

Q4

ひらがななどの文字は、どう教えるのが効果的?

A4

ドリルなどで文字を書く“お勉強”は3歳~4歳くらいから始めると無理がないと言われています。それ以前は、教えるのではなく、遊びの中から楽しく文字に親しんでいきましょう。効果的なのは、視覚、聴覚、触覚を働かせる文字遊び。ひらがなと同時に関連するイラストと声による読み方を併せて視覚と聴覚を刺激すると、より文字を認識しやすくなります。これに加えてイラストに合わせたひらがなを並べるなど動作を伴う遊び要素を交えることでさらにインプットが強くなります。

仲良く一緒にスマホを見ているママと女の子

Q5

子どもにことばやひらがなを教えるのは難しそう。何歳くらいからどういうおもちゃを使うのが効果的?

A5

文字やことばに親しむ上でも、お子さんが興味を示すなら何歳からでも遊びはじめてください。編集部のおすすめはアンパンマンの「ことばずかん」と「文字キューブ」のセットです。「ことばずかん」の絵で物の名前を覚えたら「もじキューブ」の文字並べにトライしてみましょう。文字をまだ並べられなくても、ママが並べた単語を「ことばずかん」の絵の中から探すなど、両方を循環的に使うと楽しさが倍増し、言葉と文字の習得にもつながる相乗効果が望めます。「できた!」「ここにあった!」という会話がたくさん生まれ、達成感が得られるのも子どものやる気につながっていきます。

アンパンマンの「ことばずかん」と「もじキューブ」で遊ぶと言葉の世界がグンと広がる!

言葉の発達を促すポイントは“遊びながら楽しく学ぶ”。そんな知育玩具があったら欲しい! 人気の知育玩具をリサーチしたところ「にほんごえいご二語文も!アンパンマンおしゃべりいっぱい!ことばずかんSuperDX」が圧倒的に支持されていました。累計150万台も売れているヒット商品! その人気の秘密は?

にほんごえいご二語文も!アンパンマンおしゃべりいっぱい!ことばずかんSuperDX

ママに支持される「ことばずかん」。その人気の秘密

① 付属のペンで絵を押すと、アンパンマンが絵の名前を教えてくれるよ

赤ちゃんが興味を持ちやすい身近な生活用品や、大好きな乗り物や動物などが描かれています。絵の部分を付属のペンで押すと絵にあった名前をアンパンマンが教えてくれるから、物と名前が一致しやすいのも魅力。

② 単語やおしゃべりの数は約700種類以上!

単語やおしゃべりの数は約700種類以上!言えた喜びから、楽しく続けて遊んでくれます。
赤ちゃんは「ん」の言葉が発音しやすいため、「ん」のつく単語がたくさん掲載されています。

③ クイズモードの達成感でやる気アップ!

「ずかんモード」「クイズモード」「イベントモード」など、多彩なモードに加え、二語文、英語、楽器演奏まで、5歳まで成長に合わせて長く遊べるコスパのよさも魅力のひとつ。クイズに正解するとアンパンマンが「当たった~!」「できたね!」と、子どもが達成感を得られてやる気もアップ! ママも「すごいね!!」とたくさん褒めてあげましょう。

④ 絵本型だからページをめくる楽しさ&指先も発達

「ことばずかん」は絵本型だから、ページをめくることで自ら興味のあるページにたどりつき、言葉に触れることができます。ママもパパも赤ちゃんが興味を持ったものを知ることができ、興味を掘り下げるきっかけにもなります。さらにページをめくるという微細運動によって、指先の発達を促すことができます。

物の名前を覚えると一緒にひらがなも習得!

子どもはスポンジのように、いろいろな言葉をどんどん吸収していきます。「ことばずかん」で物の名前を覚えるだけでなく、ひらがなも一緒に覚えましょう。アンパンマンの知育おもちゃ「もじキューブ」なら、“遊びながら楽しく”ひらがなを覚えられます。

ことばをつくろう!アンパンマンおしゃべり もじキューブはじめてのことば・ひらがな

付属のシートに描かれたイラストの動物などの名前に合わせてひらがなの書いてあるキューブを並べると、アンパンマンたちが発音してひらがなを教えてくれる「もじキューブ」。
「らいおん」「いるか」など、絵と文字が一緒に目に入ると同時に、鳴き声などが耳からも入ることによって、視覚・聴覚の五感を刺激し、物の名前と文字、意味とイメージがつながりやすく記憶に定着していきます。
最初はうまくできなくても、ママがヒントを与えながら一緒に何度も繰り返してキューブを並べた結果、ついに自力で完成できるようになると、子どもはもっともっと楽しく遊ぶようになります。

「もじキューブ」ユーザーママの声

  • アンパンマンがおしゃべりしてくれる言葉に合わせて、「あ」「い」「う」と一緒に喋っています。ひらがなの認識をしはじめたようでびっくりです!(2歳女児)
  • ことばを知る、覚えるのがおもちゃで遊びながら楽しくできるのはとても良いと思いました。(2歳男児)
  • アンパンマンの声に合わせて繰り返しことばをしゃべっていました。発音をまねするので、くり返せば上手くひらがなを覚えられそうに感じました。(2歳女児)
  • キューブのひらがなをじっくり見ながらキューブを探しています。文字の形を覚えられそうです!うちの子もこんなに集中できるんだと驚きました。(2歳男児)

編集部まとめ

言葉の早い、遅いは個人差があり、自然に任せておけばいずれ話せるようになるものですが、親としてやっぱり気になる言葉の発達。幼少期の言葉の発達を促すには、楽しく遊びながら言葉を覚えていくことがポイントに。
アンパンマンの「ことばずかん」なら、自然と言葉や二語文を引き出すことができ、英語モードやタッチペンでの操作など幅広い年代で遊べる楽しい仕かけが満載。「もじキューブ」とセットなら、同時にひらがなも覚えることができ、言葉から文字へ興味の幅がどんどん広がり、それに伴いコミュニケーション力も育まれていきます。
クリスマスプレゼントやお誕生日のプレゼントに迷わず選びたい編集部いちおしのおもちゃでした。

[PR] 株式会社セガトイズ

木内英実

東京都市大学人間科学部児童学科准教授

経歴

日本女子大学大学院文学研究科日本文学専攻博士課程後期修了。日本大学国際関係学部国連寄託図書館・EU資料センター、小田原女子短期大学保育学科勤務を経て、2014年4月より東京都市大学人間科学部准教授。2015年9月博士(文学)取得(授与機関:日本女子大学)。

教授科目

「子どもと言葉」「読書と豊かな人間性」「日本文学」

専門分野

児童文学 / 日本文学 / 読書教育