妊娠中の食事&レシピ

赤ちゃんにすくすく成長してもらうため、そしてママになるカラダ作りのために、妊娠中の食事についてご紹介します。妊娠中の女性に摂って欲しい栄養素はもちろん、つわりや貧血、体重過多など症状別のオススメレシピもまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

妊娠中のおすすめレシピ

ベビーカレンダーに掲載されているレシピの中からおすすめレシピをご紹介します。
ツナとアボカドとクリチの梅わさび丼
byMickey Anne
1食分に必要な、ビタミンE、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸がとれるレシピです。アボカドとツナには「妊娠ホルモン」と呼ばれるビタミンEが豊富。玄米には、フィチン酸という物質が多く含まれていて、水銀や鉛といった重金属と結合して、体内の有害物質を排出する働きをしてくれます。他の食事で、ビタミンB12をカバーすると良いでしょう。
もずくのさっぱり香味酢の物サラダ
bynaco
1食分に必要なビタミンAが取れるレシピ。もずくなど海藻の持つ水溶性食物繊維は腸の運動を促し、スムーズな排泄を助けたり、ナトリウムを排除することで体内のバランスを整えたりしてくれたりします。ミョウガにはアルファピネンという精油成分があり、発汗、呼吸、血液の循環などの機能を促す作用があるので、一緒に食べてくださいね。
油揚げの納豆包み焼き
byMASAMI
大豆製品である厚揚げから、カルシウムを取ることができます。酢(酸味)やキノコ(ビタミンD)がプラスされているので、更にカルシウムの吸収を助けてくれるレシピになっていますね。また、玉ねぎは、硫化アリルを肝臓に優しい食材なので、ぜひ一緒に食べてください。
いわしのパン粉焼き
byかおるこ
1食で1日分のナイアシン、ビタミンB12の摂取ができます。1食分に必要な、たんぱく質、ビタミンD、ビタミンB2、ビタミンB6も取ることができます。いわしは良質なたんぱく質源で、エネルギー代謝を円滑にするビタミンB群や、ホルモンバランスの維持に必要な脂溶性ビタミンが豊富。青魚にはオメガ3系脂肪酸も豊富なので、2日に一度は食べて欲しいですね。
さっぱり★牛レバ竜田揚げのマリネ
byhanaco
1日に必要な、ビタミンA、ビタミンB2、B6、B12、葉酸、ビタミンC、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅が取れます。特にレバーによるビタミンと、パプリカによる微量ミネラルがバランス良く取れる、大変優秀なレシピです。葉酸や鉄などには妊娠に向けたからだつくりに必要な栄養素。鉄の吸収に必要なビタミンCが取れる生野菜を、一緒に食べてくださいね。
アボカドとトマトの山芋和え
byMASAMI
アボカドがたっぷりで、「妊娠ホルモン」と呼ばれるビタミンEが豊富なレシピです。山芋に含まれるムチンは栄養の吸収促進や疲労回復に効果がああり、免疫力の向上にも良いとされています。たんぱく質とビタミンB12が豊富な魚介類や、微量ミネラルが豊富な緑黄色野菜などを一緒に食べてください。

妊娠期の栄養素について

妊娠中って何を食べればいいの?と思ったら。
ビタミンB1、B2

ビタミンB1、B2、B6、B12などは、水溶性ビタミンです。水に溶け易いので、加熱時は汁ごといただくと栄養素が取れます。疲労回復に必要なので、妊娠中は特にしっかり摂りましょう。「」がおすすめです。

妊娠0〜4カ月 妊娠5〜7カ月 妊娠8カ月〜

症状別レシピ

妊娠中の困った症状にはコチラのレシピをどうぞ。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。