冷えから守る!「マタニティ腹巻き」は生活スタイルに合わせて選ぼう

8

マタニティ腹巻き

 

妊娠中の女性は、冷えから自分の体とおなかの赤ちゃんを守ることが大切だと言われています。そこで活躍するのが「マタニティ腹巻き」。日に日に大きくなるおなかを冷えから守り、快適に過ごすのに役立つアイテムです。この記事では、マタニティ腹巻きがどんな時に必要か、また選び方のポイントをご紹介します。

 

「マタニティ腹巻き」とは?

「マタニティ腹巻き」とは、妊娠中の女性の冷え対策のために作られた、おなかまわりにゆとりのある腹巻きを指します。おなかを支えるためにつける「腹帯」とは違い、基本的には冷えから守るためのもので、伸縮性はありますがサポート力はないものが多いです。

 

おなかが小さい時期は普通の腹巻でも問題ないのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、おなかが目立たずともつわりのある妊娠初期は、下着の締め付けでも苦しく感じることがあるので、小さい腹巻きをつけ続けると吐き気や体調不良を引き起こす可能性があります。

 

妊娠に気づいたら、できるだけ早めにマタニティ用の腹巻きを用意したほうが、ママも快適に過ごせると言えそうです。

 

ニット素材、パンツタイプなどさまざま

マタニティ腹巻きは一般的な腹巻き同様、薄手のコットン素材からニット素材、形もシンプルな筒状のものやパンツタイプなど多種多様です。

 

長さは、おなかだけを覆うベーシックなものだけでなく、トップスのように胸の上までカバーできるタイプもあります。なかには冷えから守る目的の腹巻きだけでなく、大きくなるおなかを支えるため、腹帯やマタニティガードル一体型などの機能性を兼ね備えたタイプも。

 

生活スタイルや季節に合わせて選んで

マタニティ腹巻きを選ぶときは、自分の生活スタイルに合わせて選ぶことがポイントになります。

 

例えば、普段から毛糸のパンツを愛用している方は、モコモコ素材のパンツタイプのマタニティ腹巻きを選ぶと使いやすいでしょう。毎日ストッキングやタイツを履く方は、ストッキングの上からつけられるほうが良いか、それともストッキングの下につけられる薄手でゴワゴワしないタイプが良いか……など、自分がどんなシチュエーションで使いたいかによって選び方を決めると失敗しづらいかもしれません。

 

腹帯や腹巻を重ねずに一枚で済ませたい!という方は、おなかを支える機能がついた腹巻きを選ぶという方法もあります。また、夏に着るなら薄手で汗を吸う綿素材、寒い冬は保温・発熱素材を選ぶなど、季節に合わせて使い分けるとより快適です。

 

デザインも、ガーリーなものから洋服のように見えるオシャレなものまでシーンに合わせて使い分けることができます。

 

おすすめマタニティ腹巻き3選

【Sweet Mommy】 マタニティサッシュベルト

https://item.rakuten.co.jp/sweet-mommy/sm17/

Tシャツのようなストレッチ素材で季節問わず使える、筒状タイプのサッシュベルト。色柄が豊富なため、洋服の下に重ねてコーディネートの一部として見せてもかわいい、ファッション性の高い腹巻きです。

 

【mammy Luna】 マタニティロング丈ストレッチ腹巻きパンツ

https://item.rakuten.co.jp/stampskids/784554/

超ロング丈で、折り返しても伸ばしてインナーの代わりにも使える腹巻きパンツです。ゴムを使わずググッと伸びるリブ素材で締め付け感ゼロ。脇に縫い目がないシームレス仕様で、着たまま横になってもゴワつかず快適です。カラーはやさしいピンク・グレーと洋服のように見えるブラックの3種類をラインナップ。

 

【西松屋】マタニティ ポケット付き腹巻

https://item.rakuten.co.jp/nishimatsuya/2138005/

かわいいリボンをあしらったポケット付きのマタニティ腹巻きです。ポケットには安産のお守りやカイロなどを入れることができます。夏場の冷房対策にも使いやすい薄手でアウターにひびかない素材がうれしいですね。おしゃれなボーダー柄と、見えても恥ずかしくないブラックの2種類から選べます。

 

形・素材・デザインが豊富にあって、迷ってしまうマタニティ腹巻き。自分がどんなときに使いたいかを基準に、生活スタイルに合わせて選ぶことがポイントになります。お気に入りを見つけて、おなかを守りながら快適に過ごせると良いですね。

監修者

助産師 高塚あきこ

保健師・看護師・アドバンス助産師(※)


都内の看護大学にて保健師・助産師・看護師の資格を取得。大学卒業後、大学附属病院の総合周産期母子医療センターにて、助産師として妊娠期から産後のケア、新生児のケアに携わる。9年程勤務した後、出産を機に、横浜市内の総合病院の産婦人科病棟にて勤務し、母子のケアをおこなっている。現在、自身も4人の子の育児に日々奮闘中。 ※アドバンス助産師とは、日本助産評価機構より自律して助産ケアを実践できると認証された助産師の呼称です。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。