授乳ママをやさしくサポート!優れものの授乳クッション

2017/04/04 14:00
授乳クッションは出産後に本当に必要なのかどうか、悩んでしまうグッズのひとつかもしれませんね。他のもので代用できると思いがちですが、赤ちゃんとママのことをきちんと考えているので使い勝手が違います。今回はあったら絶対便利な授乳クッションをご紹介します。

【PR】

 

授乳クッションは、出産後に本当に必要かどうか、悩んでしまうグッズのひとつかもしれませんね。ふつうのクッションで代用もできますが、授乳クッションは赤ちゃんとママのことを考えて作られているので使い勝手が違います。今回は、あったら便利な授乳クッションをご紹介します。

 

▼この記事で紹介する「授乳クッション」▼

MOGUマタニティ ママ マルチウエスト 本体(カバー付)

フジキ カラフルドロップ 授乳クッション

サンデシカ ロング授乳クッション(抱き枕)モンファブリ

 

授乳クッションってなに?

授乳クッションは、ママが赤ちゃんにおっぱいをあげる際に、抱っこするママのサポートと同時に、赤ちゃんの体をしっかりと支える役割を果たしてくれます。赤ちゃんがママにぴったり寄り添っておっぱいを飲むためには、ママが赤ちゃんを抱っこしなければなりません。

 

ただ、どんどん体重が増える赤ちゃんを抱っこしながら授乳するのは大変。腱鞘炎になってしまうママもいます。ママが楽に授乳をするサポートをしてくれるクッション、それが授乳クッションです。

 

授乳クッションにはどんな種類があるの?

ママのおなか周りに合わせて使いやすいように、U字型やC字型、三日月型といった形の授乳クッションがあります。なかには両サイドにボタンなどが付いていて、留めると円形になるロングタイプもあります。

 

赤ちゃんが触れても安心なやさしい素材のもの、なかには中綿やビーズが入っていて、やわらかすぎない程よい弾力のものが多いです。妊娠中の抱き枕にしたり、添い寝のときのマクラにしたり、赤ちゃんのお座りのサポートに使ったりなど、授乳クッションは授乳以外にも使い道があります。

 

先輩ママたちの口コミ

先輩ママたちが購入した決め手や実際に使ってみた感想を見てみましょう。

 

私はエンジェリーベ「オリジナル多機能クッション」を購入し、妊娠中期から抱き枕として、産後は授乳クッション、赤ちゃんの上体起こしやお座り用のクッションとして使用しました。授乳クッションとしては少し高さが低かったのですが、タオルなどを下に敷いて調整もできるので、問題ありませんでした。抱き枕など、特定の用途のために作られた製品もいいと思いますが、コスパから考えると2way、3wayと使えるタイプの方がおすすめです。

(33歳・女性・はなさん)
 

2人目のときに、西松屋のおすわりサポート付き4WAY授乳クッションを買いました。2人目なのでできれば機能が多い方がいいと思っていました。授乳クッションとしてだけでなく、お座りが安定しない時期の子どものお座りサポートにしたり、風邪気味のときは、頭を少し高くして寝かせるために使用していました。1歳半になった今では、自分で授乳クッションを持ってきて、おっぱいがほしいと教えてくれますよ。

(37歳・女性・えぶりんさん)
 

SOULEIADOのママ&ベビークッションを購入しました。妊娠後期には抱き枕として、産後は授乳クッションとして活用しました。クッションを当てる面や折り方によって高さを変えることができるので、横抱き、縦抱きなど、授乳姿勢に合わせて高さを調節することができて便利でした。また、カバーを取り外して洗濯することができるので、衛生面でも安心でした。授乳に使わなくなった今もリビングに置いて、お昼寝の際の枕として活用しています。

(33歳・女性・ユカリンゴさん)
 

西松屋の「ダブルガーゼリバーシブル授乳クッション」を購入しました。白黒のドット柄がかわいくて気に入っています。2カ月になる男の子がいますが、クッションの厚みもあり、授乳がとても楽です。つらかった肩こりや腰痛が、使用してからは気にならなくなりました。ミルクを吐いたりして汚してもカバーが洗えます。下地はつるつるで、ミルクなどがクッションへ浸透することもなく安心して使うことができています。

(31歳・女性・やすさん)

 

授乳クッションを選ぶときのポイントは?

授乳クッションを選ぶときのポイントは、まずママのおなかにフィットするか、20cmくらいの高さがあるかどうかチェックしましょう。また、授乳クッションは吐き戻した母乳やよだれで汚れてしまうことも多いので、カバーを外して洗えるかどうかも大事なポイントです。

 

加えて重要なのは、クッションがやわらか過ぎないことです。ある程度硬さがあり、深く沈み込まないタイプを選びましょう。長い期間使い道があるものなので、すぐにへたらないものがおすすめです。

 

ママにやさしい授乳クッション ラインナップ

MOGUマタニティ ママ マルチウエスト 本体(カバー付)

 

 

 

やさしいフィット感の秘密はパウダービーズです。生地には天然系のよもぎ成分が織り込まれており、お肌にやさしい仕上がりになっています。おなかにあてて、左右の広がりに肘をかけるように使用すると、授乳中の体の負担を軽くすることができます。カバー付きでいつも清潔に保てるので、妊娠中や出産後のママの毎日をサポートしてくれる商品です。サイズ:約67×48×19cm

 

フジキ カラフルドロップ 授乳クッション

 

 

Wガーゼを使った生地なので、やわらかな肌触りの授乳クッションです。腰に巻いて使うことで、赤ちゃんを抱っこしたときにママの腰や腕をやさしくサポートしてくれます。カバーは丸洗いできるので、いつも清潔にできて安心です。また、ふだんもクッションとして使えます。サイズ:約54×41×18cm

 

サンデシカ ロング授乳クッション(抱き枕) モンファブリ

 

 

妊婦さんのサポートのために作られた抱き枕ですが、しっかりと厚みがあるので、丸くして授乳クッションとしても使える優れものです。生地から縫製まで、安心の日本製で、へたりにくさ、抜群の弾力性とクッション性が魅力です。そのまま丸洗いできるので、いつでも気持ちよく使うことができます。サイズ:約125×28×20cm

 

専用のクッションはやっぱりらくちん!

授乳クッションは、ママと赤ちゃんのことを想って作られているアイテムだからこそ、大切な授乳の時間をしっかりサポートしてくれます。お気に入りの授乳クッションを見つけて、赤ちゃんとの授乳タイムを快適に過ごしてくださいね。

 


  • 0
  • 0
  • 1
  • 3

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。