眠る前、眠りが浅いときに指しゃぶりをしています

生後4カ月の男の子を育てています。生後3カ月ころから、自分の指を吸うようになりました。初めは「かわいいなぁ」と思って見ていたのですが、眠りにつく前に必ず左手の親指を吸って、そのまま眠りにつくようになりました。また、眠りが浅くなったときにも、指しゃぶりをします。そのせいか、少し左手の親指が赤く、固くなってきました。
指しゃぶりがくせになってしまわないかと、心配です。「添い乳をして寝かせたほうがいい」「指を吸うことがくせになる前に、おしゃぶりを与えたほうがいい」「そのうちに興味が別のことに移るから、心配ない」など、いろいろなアドバイスを受けましたが、どのようにするとよいのでしょうか? 歯並びへの影響も気になっています。
 

私は、生後4カ月ごろであれば、指しゃぶりをしていてもよいと思います。おしゃぶりを与えると、今度はそれをいつ止めるかについて悩まなければならなくなります。2歳、3歳の指しゃぶりと違い、この月齢のころの指しゃぶりは自然なことです。大らかな気持ちで見守ってあげてください。ぐっすり寝入った後に、指を口からそっと離していいただければ大丈夫です。

質問に対する答えは、あくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)