水頭症は自然に治ることがありますか?

8
妊娠・出産のQ&A

水頭症は自然に治ることがありますか?

現在、妊娠10カ月です。妊娠8カ月後半ごろから「水頭症の疑いがある」と言われ、大学病院に転院になりました。先日もMRIを撮るために検査入院をし、産婦人科と小児科の先生にMRIと超音波検査の映像を見ていただきました。その際、産科の先生に「たまに水が流れてるときがあるみたいね」と言われました。
水頭症の処置は生後しかできないようですが、生後、脳の中にたまった水が自然に流れることもあるのでしょうか? 必ず手術をしないといけないのでしょうか? おなかの子は4人目で、上のきょうだいは3人とも異常はありませんでした。とても心配です。

 

水頭症は、脳脊髄液が脳室やくも膜下腔に過剰に貯留した状態です。脳脊髄液の産生過剰、吸収障害、通過障害のいずれかの異常によって拡大した脳室に、脳脊髄液が貯留してさまざまな脳障害を起こすことがあります。
妊娠中は、合併症や水頭症の原因の有無をチェックしながら、超音波検査によって経時的に脳室拡大の程度を評価します。大脳の皮質の厚さが10mm以上であれば、知能に関しての予後は比較的よいとされています。また可能な限り、満期経膣分娩を目指します。
出生後には、脳CT、MRI、超音波検査などで確定診断をつけ、出生直後の水頭症の評価をして、治療の必要性を判断します。
水頭症が自然に治癒する可能性は低く、手術によって貯留した脳脊髄液を排出します。手術では、脳内にチューブを挿入して腹腔へと流す「脳室-腹腔シャント術」が選択されることがほとんどです。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三鷹レディースクリニック院長
天神 尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
8

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。