うつ病でも妊娠・出産できますか?

妊娠・出産のQ&A

うつ病でも妊娠・出産できますか?

うつ病になって5年経ちます。薬は「パキシル10」「デパス0.5」を朝夕1錠ずつ、就寝前に「マイスリー10」を1錠飲んでいます。
心療内科の先生は「妊娠3ヶ月までお薬を我慢してください。それ以降は飲んでも大丈夫です」とおっしゃいます。本当に赤ちゃんに影響はありませんか?
私自身の性格がうつ病の原因になってますので、自分の中では一生うつ病の薬と付き合う覚悟をしています。でも、最近子どもが欲しいと強く思います(今、29歳です)。もし、無事に出産できても、自分のうつ病のために身内に迷惑をかけながらの子育てになるだろうなと不安になります。うつ病でも、出産、子育てができている人はいるのでしょうか?

 

受精前に薬の影響を強く受けた卵子は、受精能力を失うか、受精しても着床しないか、流産してしまいます。また、受精後3週末までも同様です。
内服されている薬は、有益性投与はよいとされており、胎児への影響が比較的少ないと考えられ、まず問題ないと思われます。できれば必要最小限の量を使う方がいいと思いますが、内服する理由と必要性があることもあるでしょう。
ただ、妊娠中は感情変化が複雑となることもあり(これは、ホルモンの変化によると考えられます)、不安、心配、恐怖心などは症状を悪くすることにもなるので、ゆったりとした明るい気持ちで過ごしたいものです。
自分一人で頑張ろうとせず、周りの人にぜひ協力してもらってください。出産や子育ては、みんな家族や周りの人たちに助けられながら、乗り越えていくのです。役所に相談すると、妊娠、育児をサポートするための相談機関などを紹介してもらえますので、ぜひ利用してみるといいでしょう。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三鷹レディースクリニック院長
天神 尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。