口の中にカビが繁殖していると言われました

口の中にカビが繁殖していると言われました

生後1週間健診で「鵞口瘡(がこうそう)」と診断され、「口の中にカビが繁殖している」と言われました。消毒不足の哺乳瓶を使ったりすると鵞口瘡になる可能性がある、と聞いたことがありますが、私は完全母乳です。いったい何が原因なのでしょうか? 健診時に薬を塗っていただきましたが、処方はされませんでした。「1週間様子を見ましょう」と言われましたが、その間は何に気をつければいいのでしょうか?

専門家の回答

私たちの体には「正常菌」という菌が付着していて、病原菌やカビの繁殖を防いでくれます。しかし、赤ちゃんは無菌の状態で生まれ、正常菌が付くまでには、時間がかかります。その間に病原菌やカビなどが先に付着すると、それが増殖して保菌の状態(病原菌を体内に保有し、発病していない状態)になることがあります。そして、抵抗力が落ちていると、病原菌やカビによる病気の症状が現れます。この赤ちゃんは、正常菌がしっかり口の中に付く前に、カビが付着して広がってしまったのだと思います。カビはどこにでもあるものなので、母乳栄養の赤ちゃんに見られても珍しくありません。元気な赤ちゃんであれば、そのうちに正常菌が広がり、自然にカビが消えていきます。お子さんは元気で症状が軽かったので、1週間様子をみましょうと言われたのでしょう。次の受診日までに気をつけることは、しっかり母乳を飲ませること。それだけです。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る