10カ月健診でシャフリング・ベビーと言われました

10カ月健診でシャフリング・ベビーと言われました

10カ月健診で、まだつかまり立ちもハイハイもできず、診察の結果「シャフリング・ベビー」と言われました。上の子は標準で、少し運動発達が遅いだけだと思っていたのにとても心配です。「お風呂で足の裏をつける練習をするように」と言われましたが、歩行器での訓練も必要でしょうか? 歩くのが遅い程度と思っていればいいでしょうか?

専門家の回答

診察で「シャフリング・ベビー」と言われたなら、心配しなくてもいいでしょう。このタイプの赤ちゃんは、一般的に足を床につくのを好まない傾向があります。シャフリング・ベビーは、うつ伏せで移動しないため、足が鍛えられる機会が少なくなります。お母さんが床に正座して、太ももの上にお子さんをハイハイの姿勢で乗せて、手足を床につけるようにし、嫌がらない程度に前後に揺すって遊んであげてください。また、歩行器はやめましょう。転倒・転落の事故を起こしやすいですし、ひとり歩きの時期が遅れるだけです。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る