肛門刺激で綿棒に血がつきました

肛門刺激で綿棒に血がつきました

生後1カ月の赤ちゃんがいます。1カ月健診で「便秘をしているなら、こまめに肛門刺激をするように」と言われたので、頻繁におこなっていました。しかし、綿棒を深く入れすぎてしまい、血がついていました。それ以来、便が出るときに少し肛門から血が出ます。さらに、最近はおなかが張っているようにも見えます。おっぱいは普通に飲んでいますし、よく寝るので健康だとは思いますが、おなかの張りが気になります。すぐに受診した方がよいのでしょうか?

専門家の回答

おっぱいをよく飲み、綿棒による肛門刺激程度で便が出ているようなら、おなかの張りは心配ないと思います。出血のご心配ですが、肛門刺激の際の綿棒はベビーオイルなどを付けてすべりをよくしてそっと挿入すれば、肛門を傷つけることはありません。挿入の長さも、1~2cm程度なら大丈夫です。便に血液が付着することが多い場合、綿棒による傷以外の原因も考えた方がいいかもしれません。母乳栄養の場合、ビタミンKが不足気味になり、消化管出血を起こして便に血液が混ざることがあります。これを予防するために、出産から退院までに2回と1カ月健診時に1回、計3回ビタミンK2シロップを飲ませます。それでも血便になる赤ちゃんは、追加で飲ませる場合もあります。便の血液付着が続く場合には、受診して相談されることをおすすめします。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る