左目に透明な脂膜のようなものが張っています

左目に透明な脂膜のようなものが張っています

生後1カ月半の子について質問します。この2週間くらいで気づいたのですが、左目に透明の脂膜のようなものが張っています。気づいたら出ていて、泣いた後はなくなっていることもあります。見にくさやかゆみを感じている様子は見受けられませんが、自分で引っ掻いて出てしまったのかと心配しています。
母に聞くと、私が乳児のときにも目に同じようなものがあったそうです。「アトピー体質だから、この子もそうなのでは? 放って置いても大丈夫」と言われました。病院で診ていただい方がいいのでしょうか?

専門家の回答

「眼脂」だと思います。眼の表面には、乾燥しないように眼脂が分泌されています。いわゆる「目やに」と呼ばれるものです。
赤ちゃんは生まれてしばらく、泣いてもあまり涙を流さないことにお気づきの方もいると思います。つまり、生まれて間もない赤ちゃんは涙の分泌が少ないため、眼脂が粘り気を持ちやすく、眼の表面に膜が張ったように見えることがあるのです。
生後3カ月ごろまでに、涙がだんだん増えてくるため、眼脂は目立たなくなります。また、アトピー体質とは関係ありません。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る