寝かせるとすぐにうつぶせになって吐きます

寝かせるとすぐにうつぶせになって吐きます

生後5カ月になる息子がいます。授乳後にゲップをさせて寝かせると、すぐにうつぶせになり、吐きます。寝返り防止クッションを使っても、おかまいなしに乗り越えて、うつぶせになります。
夜に寝るときも昼寝のときも、いつもうつぶせです。仰向けに直してもすぐにうつぶせになり、眠ります。そのため、母乳もよく吐きます。うつぶせが好きなのだと思うのですが、吐かないようにさせたいです。何かいい方法はないでしょうか? ちなみに授乳後に縦抱きにしても、ゲップと一緒に吐きます。

専門家の回答

うつぶせは、乳幼児突然死症候群(SIDS)の危険性を大きくする因子です。生後6カ月くらいまでは、仰向けで寝かせるようにしてください。うつぶせで吐くと窒息の危険性があるので、授乳後は特に十分な注意が必要です。寝ながら吐かないようにするには、授乳後はしばらく縦抱きの姿勢で落ち着かせるくらいしか、方法はないように思います。
母乳やミルクをよく吐く赤ちゃんでも、離乳食が始まると、落ち着いてくる場合が多いです。ご質問の赤ちゃんは生後5カ月ということですので、あと1~2カ月の辛抱かと思います。大変かと思いますが、十分に気を付けていただければと思います。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る