「ごめんね、嫌いにならないよ」傷つけてしまった…息子が家を飛び出した理由に涙

Instagramでフォロワー1千人超えの森田家@愛と笑いの育児漫画(@moritake2020)さん。6歳の男の子はる君と1歳の女の子あんこちゃんのママです。森田家@愛と笑いの育児漫画さんが、子育ての中で「1番後悔したお話」をご紹介します。

ベビーカレンダー編集部がおすすめの「妊娠・出産・育児マンガ」をご紹介♪ 今回は、Instagramでフォロワー1千人超えの森田家@愛と笑いの育児漫画(@moritake2020)さん。6歳の男の子はる君と1歳の女の子あんこちゃんのママです。

 

森田家@愛と笑いの育児漫画さんが、子育ての中で「1番後悔したお話」の続きをご紹介します。

 

続きを読む

はる君、嫌いになっちゃうよ。

ある日、パパの足を蹴ったのに謝りもせず、そっぽを向いてしまったはる君。いくら諭しても叱っても、ヘソを曲げたまま……。

 

そんなはる君に「なんで謝らなかったの?そんなんじゃあ……パパ、はる君嫌いになっちゃうよ!!」と言ったところ、はる君は突如「パパー!!」と叫び、外へ飛び出して行ってしまい……。

 

はる君、嫌いになっちゃうよ。

 

はる君、嫌いになっちゃうよ。

 

はる君、嫌いになっちゃうよ。

 

はる君、嫌いになっちゃうよ。

 

はる君、嫌いになっちゃうよ。

 

はる君、嫌いになっちゃうよ。

 

はる君、嫌いになっちゃうよ。

 

はる君、嫌いになっちゃうよ。

 

はる君、嫌いになっちゃうよ。

 

はる君、嫌いになっちゃうよ。

 

なんとか追いついた末、涙を流しながらパパに謝るはる君の姿を見て、私は自分の失態に気づき、本当に胸が張り裂けそうになりました……。

 

これが、5年間育児をしてきた私が「1番後悔した出来事」です。親の言動が子どもに与える影響力の強さを痛感しました。 

 

「子供にとって、家族が世界の全てである。親に愛されなければ、生きていけない。 だから、子どもたちは全力で親に愛されようとする」

〈アドラーの名言より〉

 

今思えば、下の子を妊娠中から、はる君の言動が今までと違う節がありました……。 それは〈もっと、僕を愛して〉というサインだったのかもしれません。

 

この出来事の後、「何故、あんな事を言ってしまったのだろう……親として失格ではないか……?」産後の情緒不安定さも相待って、色々と自問自答して涙する事がありました……。

 

現在。この出来事から、あと少しで1年が経とうとしています。今の自分から、あのときの自分に伝えたいこと。

 

それは、

「親だって、子供を産んで直ぐに親になれるわけではない」

「失敗と後悔を重ねて、親も「親らしく」なっていくんだ」

この2つを伝えてあげたいです。  

 

末筆になりますが……

自分の育児失敗談を最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

親としてまだまだひよっこの私ですが、日々、子どもたちと共に「親」として成長していきたいと思っております。

 



画像提供/森田家@愛と笑いの育児漫画(@moritake2020)

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      私は、娘二人孫三人のばあばです😌💓ちょうど長女が、去年第二子の女の子を産んで、第一子の私にとって初孫の琉君は、もうすぐ五歳で、たまにしか会えない私には、目を見張る成長をしています。そんなんで、はる君の… もっと見る
      私は、娘二人孫三人のばあばです😌💓ちょうど長女が、去年第二子の女の子を産んで、第一子の私にとって初孫の琉君は、もうすぐ五歳で、たまにしか会えない私には、目を見張る成長をしています。そんなんで、はる君のこと孫とおんなじ位に親しみを感じました(愛)それと自分は男の子を育てたことはないけれど、自分は娘達に親にしてもらったんだよなぁ○○としみじみ思うばぁばです☺️
      はる君と妹ちゃんの成長を楽しみに思います😊
      +18 -4

  • 関連記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP