「赤ちゃん、抱っこしたい」壮絶な産後。わが子とは離れ離れに #育児ノイローゼになった話 1

「育児ノイローゼになった話」第1話。ブログやInstagramで家族との日常マンガやオリジナルマンガを掲載している鳥野うずらさん。第一子を出産してから、育児に追われる日々を送るなかで育児ノイローゼになってしまった経験をお持ちです。なぜ育児ノイローゼになってしまったのか、夫婦の関係は? 鳥野さんの体験談マンガを短期連載にてご紹介します。

続きを読む

育児ノイローゼになった話 第1話

育児ノイローゼになった話1

 

育児ノイローゼになった話1

 

育児ノイローゼになった話1

 

育児ノイローゼになった話1

 

育児ノイローゼになった話1

 

育児ノイローゼになった話1

 

育児ノイローゼになった話1

 

育児ノイローゼになった話1

※点滴は通常、前腕に固定します。

 

育児ノイローゼになった話1

 

育児ノイローゼになった話1

 

2010年の12月に待望の第一子を出産した鳥野さん。

しかし、産後は絶対安静が必要な状態で、

退院までわが子と同じ部屋で過ごすことはできなかったそうです。

「赤ちゃん、抱っこしたい」と思っても、すぐに抱っこできない。

生まれたばかりのわが子と離れ離れになるのは寂しいですよね。

 

そして無事に退院し、鳥野さんは赤ちゃんと一緒に実家へ帰省。

何事もなく迎え入れてくれたはずの母でしたが……。

監修/助産師REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター鳥野うずら

    一児の母。フリーランスで漫画を描いています。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP