頭を打ったあと、何度も嘔吐する娘。急いで受診すると診断結果は…!?見ていなかったことを後悔!【体験談】

娘が4歳近くになると少ししっかりしてきたこともあり、日々の行動にそこまで注意を払わなくなってきた私。そんなことが災いしたのか、旅先で娘がケガをして大変な事態に。大理石の床に娘は転んで頭を打ってしまったのです。気を付けて見ていなかったことを後悔しました……。

女の子嘔吐イメージ

 

続きを読む

トイレに駆け込む娘、頭を強打

私たち家族は長期休暇であるホテルに宿泊していました。ホテルの滞在も最終日を迎え、さあ朝食を食べにいこうとしたそのとき、娘が「トイレ!」と言って部屋のトイレに向かって勢いよく走っていきました。そしてその直後ゴーンという音と共に、娘の泣き声が響いてきたのです。

 

何事かと思って駆け付けると、娘は後頭部を床に強打したようで頭を押さえて泣いていました。トイレとシャワーが併設されているバスルームだったのですが、シャワーの水が床に残っていて、床が大理石だったため滑って転んでしまったようでした。

 

落ち着きを取り戻し、朝食へ

私がしばらく頭をさすってあげると娘も泣き止み、気持ちも落ち着いてきたようでした。私も、もう赤ちゃんではないし大丈夫だろうと思って、そのまま夫と3人で朝食に向かいました。そして朝食を食べ始めたのですが、いつも食欲旺盛の娘がほとんど食事に手を付けようとしません。

 

次第に「頭が痛い~」といってぐずり始めるようになりました。あまりにも調子が悪そうなので部屋でひと休みするため、私と娘だけ先に部屋に戻ることに。

 

部屋に戻ってから嘔吐、急いで病院へ

娘は部屋に戻ってからも「頭が痛い」と言い続け、10分もたたないうちに嘔吐してしまったのです。その後朝食から帰ってきた夫が、娘が何度も嘔吐する様子を見て「すぐ病院に行ったほうがいい!」と言いました。急いで私たちはチェックアウトの手続きを済ませました。

 

部屋にいる間、娘は何度か嘔吐し、食べた物がすべてなくなるくらい吐いてしまいました……。ただ幸いにも病院に向かうのタクシーの中では吐き疲れたのもあってか寝てしまい、落ち着いた状態で病院に向かうことができました。

 

病院での診断結果とその後

病院での受診結果は「軽い脳震盪」ということでした。そのときは目の様子や歩く様子、そして1回目吐いてから継続的に吐いてないかなどを聞かれました。そしてその様子からCTを取る必要はなさそうとの判断が下りました。

 

私も夫もほっとひと安心して、家に帰りました。家に着くと娘は何事もなかったように動き回っており、「静かにしていなさい」と怒ってしまったのを覚えています。

 

 

娘もだいぶ大きくなってきたことで、私も周りの環境や娘のケガに対する注意力が低くなっていました。しかし、今回のことでまだまだ油断してはいけないのだなと感じました。幼児とはいえ、まだまだ行動に気を付けて見てあげなくてはと反省しています。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日なりますように!

 

監修/助産師REIKO


著者:町田 久美子

4歳児を育てるワーママ、ズボラ主婦。ベトナム在住。手を抜く家事、育児を常に探しながら、ライターとして漫画や教育系、ベトナムでの子育て経験について執筆中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    ママトピの新着記事

  • PICKUP