1歳の娘も興味津々!乳幼児期からスタートしてよかった♪お家で気軽にできる3つの英語教育

1歳を過ぎ、好奇心旺盛でおしゃべりがじょうずになってきた次女に少しずつ英語教育を始めました。まだ早いかな?と心配していましたが、次女の反応が良く、毎日楽しく英語に親しむことができています。わが家で実践している3つの方法をご紹介します!

1歳の娘も興味津々!乳幼児期からスタートしてよかった♪お家で気軽にできる3つの英語教育

 

YouTubeで英語ソングに親しもう!

まずは、YouTubeチャンネルで英語ソングに親しむところからスタートしました。「Cocomelon」という3Dアニメーションのキャラクターと一緒に、さまざまな英語ソングを楽しめるチャンネルが次女の一番のお気に入り! ゆっくりとしたリズムと覚えやすいフレーズで繰り返し聞くうちに、次女が自然と英語ソングを口ずさむようになりました。

 

30分前後で構成されているため、朝や夕方の私が家事をしている時間には次女ひとりで、長女が幼稚園から帰ってきてからは一緒に見ています。ちょっとしたすきま時間にも見られて英語学習が習慣化できたことも大きなメリットです。

 

英語のタッチペンで遊びながら英単語学習

次に実践したのが、英語のタッチペンを使った英単語学習です。この本は私が本屋で見つけ、見やすくてやさしいタッチのイラストや、単語数の多さが気に入って購入しました。ペンで絵本をタッチすると、音が聞こえる仕組みに次女は大喜び!

 

大好きなフルーツや動物、公園の遊具を何度もタッチして発音をマネするようになりました。ページ数が豊富な絵本を選んだので、次女は毎日違うページを開いては興味を持ってタッチし、飽きずに集中して楽しんでいます。英語ソングも付いている絵本なので、各ページの英語ソングを聞いて歌うことも楽しいようです。

 

就寝前に英語絵本の読み聞かせを習慣化

英語ソングやタッチペンで英語に親しみ、次女が少しずつ英語を覚え始めてきたころ、就寝前の絵本タイムに英語絵本を導入しました。日本語絵本の日と交互で読み聞かせをおこなっていくと「今日英語?」と英語絵本の日を楽しみにするように!

 

まずは、『きんぎょがにげた』『サンドイッチ』など日本語で親しみのある絵本から始め、今では図書館で好きな英語絵本を選び、楽しむほどになりました。お気に入りの絵本は繰り返し読みきかせていくうちに、内容やフレーズを覚え、ページをめくりながら自分で読んで楽しむ姿も見られます。

 

 

毎日新しい言葉を覚え、話すことが楽しくて仕方がないこの時期に、次女に楽しく自然に英語を覚えてほしくて、手軽にできるお家英語教育を始めました。どの方法も娘には反応が良く、遊びながら気付けば英語ソングを口ずさんでいます。これからも次女の興味関心や発達に合わせた英語教育を見つけていきたいと思います。

 

 

監修/助産師REIKO


著者:渡辺あや

4歳と1歳の女の子ママ。元幼稚園教諭の経験をもとに、幼児教育や英語学習関連の記事を執筆中。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶