季節や体調に合わせて冷え対策!「マタニティタイツ・レギンス」人気3選

2020/01/05 14:30
0
下半身を冷えから守ってくれるタイツやレギンスにも、マタニティ用があることをご存じですか? おなかが大きくなっても快適にはける「マタニティタイツ・レギンス」にはどんな種類があるのか、選び方のポイントや、おすすめ商品をご紹介します。

マタニティタイツ・レギンス

 

下半身を冷えから守ってくれるタイツやレギンスにも、マタニティ用があることをご存じですか? 

妊娠中、おなかが膨らみ始めると、今まで使っていたタイツやレギンスがはけなくなり、「マタニティタイツ・レギンス」が必要になります。冷え対策に役立つのはもちろん、ファッションとして楽しめるマタニティタイツ・レギンスを選ぶときのポイントをご紹介します。

 

「マタニティタイツ・レギンス」とはどんなもの?

マタニティタイツ・レギンスとは、妊娠中の女性が着用できるようにおなかの部分にマチが設けられ、大きく伸縮するよう設計されたタイツ・レギンスです。

 

本格的におなかが大きくなる前の妊娠初期から着用してOK。むしろ、おなかの目立たない妊娠初期でも、一般的なタイツ・レギンスはおなかまわりの締め付けがきつく感じ、気分が悪くなったり、血行不良を招いたりしてしまうことも。そんなときには、おなかまわりを締め付けないゆったりとしたマタニティタイツ・レギンスを着用すれば、快適に過ごすことができそうです。早めに準備しておくほうが安心かもしれませんね。

 

また、冬の寒さ対策としてだけでなく、夏場の冷房対策としても使えるので、体の冷えが心配なプレママには一年中重宝するアイテムと言えそうです。

一般的なタイツ・レギンスと同様に、デザインやカラーも多彩なので、ファッションとしても楽しめます。

 

種類豊富だからシーンに合わせて選べる!

マタニティタイツ・レギンスは普通のレッグウェア同様、種類が豊富。一般的な80デニールの黒タイツや、会社や冠婚葬祭で使う薄手のストッキングはもちろん、トレンドのリブレギンスや日焼け対策に役立つ長め丈のレギンス・トレンカなど、使うシーンに合わせて選ぶことが可能です。

 

素材も一般的なナイロン素材以外に綿混、肌寒い季節に暖かなニット素材、夏にうれしいUVカットや涼感素材などさまざま。脚部分が着圧設計になっていて、むくみ対策できるものもあります。

 

選ぶときのポイントは?

マタニティタイツ・レギンスを選ぶときには、はいたときの動きやすさがポイントになります。おなかを締め付けないゆったりとした着心地・サイズはもちろんですが、着用中に転倒しないよう、足さばきの良さもチェックしたいですね。

 

さらに、使用する季節にあったものを選ぶことも大切。肌寒い季節は暖かく保温性のあるもの、夏場はサラッとした肌触り、涼感素材なども良いでしょう。 薄手で柔らかくコンパクトに畳める素材を選べば、バッグに入れて冷房対策として持ち運ぶのにも便利です。

 

また、脚のむくみが気になるときには着圧タイプを選ぶなど、体調に合わせて機能性で選んでもみても良いかもしれません。

 

先輩ママに人気のマタニティタイツ・レギンス3選

約10カ月の妊娠期間中は、季節や体調に合わせて、おなかに負担のないタイツ・レギンスを選ぶことが必要です。妊娠中は特に体を冷やさないように意識する女性も多いでしょう。マタニティタイツ・レギンスをじょうずに利用して、冷え対策をしてみてくださいね。

 

※本記事の内容は公開時に確認した情報のため、商品によっては変更となっている場合があります。

 

監修者

助産師 高塚あきこ

保健師・看護師・アドバンス助産師(※)


都内の看護大学にて保健師・助産師・看護師の資格を取得。大学卒業後、大学附属病院の総合周産期母子医療センターにて、助産師として妊娠期から産後のケア、新生児のケアに携わる。9年程勤務した後、出産を機に、横浜市内の総合病院の産婦人科病棟にて勤務し、母子のケアをおこなっている。現在、自身も4人の子の育児に日々奮闘中。

※アドバンス助産師とは、日本助産評価機構より自律して助産ケアを実践できると認証された助産師の呼称です。



この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

923
水曜日

今日のほのぼの星座占い

いて座

1位 いて座

しし座

2位 しし座

ふたご座

3位 ふたご座

あなたの星座は何位? 占い結果を見る

新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。