もうにおわない!使用済おむつのにおいを解決!人気のおむつ用防臭袋3つ

2020/01/15 16:00
0
使用済みおむつのにおい漏れを防いでくれるおむつ用防臭袋。どんなものがいいのか悩んでいる方のために、おむつ用防臭袋の特徴や準備するときのポイント、おすすめのおむつ用防臭袋の商品を紹介しています。

おむつ用防臭袋

 

赤ちゃんが毎日ひんぱんに取り替える紙おむつ。使用済みのおむつはビニール袋に入れたり新聞紙に包んだりしてゴミ箱に捨てても、完全ににおいをなくすことはできません。特に夏場は紙おむつのイヤなにおいが発生し、「においをどうにかしたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか。そこで使用済み紙おむつのイヤなにおいを防いでくれる、便利なおむつ用防臭袋の賢い選び方やおすすめの商品について紹介します。

 

紙おむつ用防臭袋は普通の袋と何が違うの?

紙おむつ用防臭袋は名前の通り、使用済みの紙おむつのにおいを防いでくれる袋です。一見すると普通のビニール袋とたいして変わりませんが、防臭袋は使用済みの紙おむつを入れておくだけでにおいが軽減されます。

 

また、袋自体に香りがついており、おむつを入れておいても良い香りがするものもあります。この袋に入れて捨てれば、ゴミ箱の中のイヤなにおいも抑えられるので、気温が高く、においがきつくなりがちな夏場は特におすすめです。

 

においが軽減される紙おむつ用のゴミ箱は高価な上に場所をとりますが、防臭袋であれば場所を問わずに使えます。外出先のおむつ替えなどで捨てる場所がなく、家まで持ち帰るときにもこの袋に入れておけばにおいを気にすることもないので、持ち歩き用のおむつポーチに数枚入れておけば安心です。

 

おむつ用防臭袋の選び方は?

おむつ用防臭袋はご家庭におむつ専用のゴミ箱がない場合や、外出先で使用済み紙おむつを持ち歩くようなときにとても便利です。

 

もちろん普通のビニール袋に一時的に入れる程度なら代用が可能なのですが、使用済み紙おむつのにおいが気になるという方は購入されておくと良いでしょう。

 

おむつ用防臭袋は普通のビニール袋に比べて単価が高い消耗品になるので、毎日おむつ替えのたびに袋を使用するのであれば、商品の枚数や価格に注意して購入すると良いですね。外出先やお子さんがうんちをしたときのみなど使うなど、使用頻度が少ない場合でも使い捨てのものなので、なるべく単価の安いものを購入されると経済的です。

 

ママに人気のおむつ用防臭袋3選

かわいいわが子といえど、使用済みおむつのにおいが気になるママは多いはず。ご家庭でも外出先でも気軽に使用できる防臭袋は、そんなママのお悩みを解決してくれるお助けアイテムです。ママも赤ちゃんも快適に過ごせるように、ライフスタイルに合ったものを選んでみてはいかがでしょうか。

 

※本記事の内容は公開時に確認した情報のため、商品によっては変更となっている場合があります。

 

監修者

助産師 高塚あきこ

保健師・看護師・アドバンス助産師(※)


都内の看護大学にて保健師・助産師・看護師の資格を取得。大学卒業後、大学附属病院の総合周産期母子医療センターにて、助産師として妊娠期から産後のケア、新生児のケアに携わる。9年程勤務した後、出産を機に、横浜市内の総合病院の産婦人科病棟にて勤務し、母子のケアをおこなっている。現在、自身も4人の子の育児に日々奮闘中。

※アドバンス助産師とは、日本助産評価機構より自律して助産ケアを実践できると認証された助産師の呼称です。



この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。