使いやすさはタイプごとにさまざま!人気の「ベビーチェア」3選

ベビーチェア

 

腰がすわって離乳食をあげるときなどに、赤ちゃんを座らせるベビーチェアにはハイチェアやローチェアなどさまざまなタイプのものがあります。そこで今回はそれぞれの使い方や特長、ベビーチェアを選ぶときの注意点などをおすすめ商品と共にご紹介していきます。

 

安心して赤ちゃんを座らせられる便利なベビーチェア

ベビーチェアとは赤ちゃんを座らせる椅子で、離乳食をあげるときや一時的に座らせておきたいときなど、さまざまな場面で使うことができるアイテムです。

 

椅子のタイプによっては安全ベルトがついていて赤ちゃんが椅子から抜け出しにくくなっているものもあり、赤ちゃんのことを考えてつくられているのでママやパパも安心して赤ちゃんを座らせられます。

 

ベビーチェアはさまざまなタイプがあり、タイプによって使い方や使う場面も変わってきます。そのため産前に準備しても良いですし必要だと感じたら購入しても遅くないため、子育て環境に応じて準備すれば良いでしょう。

 

チェアタイプによって使い方も違う!

ベビーチェアにはさまざまな種類があります。新生児のころから使えるバウンサータイプ、ダイニングテーブルの高さに合うハイチェア、ローテーブルの高さに合うローチェア、テーブルの天板に取り付けられて足がないテーブルチェア、お風呂での使用がメインのバスチェア、新生児期から大人まで長い期間使えるものなど種類がたくさんあり、種類ごとに使い方はさまざまです。

 

それぞれの種類のなかにもテーブルがついているか、高さ調整が可能か、折りたたみ式か、持ち運びしやすいかなど商品によって異なるため、使用する環境や使いたい場所をあらかじめ確認してから購入するのがおすすめです。

 

住宅環境にあった使いやすいものを購入しよう

ベビーチェアは離乳食を食べさせる際にあると便利なアイテムですが、ご家庭によって食事をするテーブルの高さや椅子を置けるスペースは違います。どこで赤ちゃんに食事をさせるのかを決めて、住宅環境に応じて購入を検討しましょう。

 

また、長く使えるものが良いのか、持ち運びや収納しやすいものが良いのかなど、使い方によってチェアの大きさや値段も変わります。それぞれのご家庭によって使い方が違うため、デザイン性が高いものや人気のものを選ぶのではなく、使いやすいものを選ぶのがおすすめです。

 

ベビーチェアの人気商品3選

ベビーチェアは赤ちゃんを安全に座らせられる便利なアイテムですが、選び方を間違うと使いにくいと感じてしまいます。使用する環境をきちんと確認してご家庭に合った使いやすいものを選び、赤ちゃんと楽しく食事したいですね!

 

※本記事の内容は公開時に確認した情報のため、商品によっては変更となっている場合があります。

 

監修者

助産師 高塚あきこ

保健師・看護師・アドバンス助産師(※)


都内の看護大学にて保健師・助産師・看護師の資格を取得。大学卒業後、大学附属病院の総合周産期母子医療センターにて、助産師として妊娠期から産後のケア、新生児のケアに携わる。9年程勤務した後、出産を機に、横浜市内の総合病院の産婦人科病棟にて勤務し、母子のケアをおこなっている。現在、自身も4人の子の育児に日々奮闘中。 ※アドバンス助産師とは、日本助産評価機構より自律して助産ケアを実践できると認証された助産師の呼称です。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。