事件や事故防止に!ママに人気の「ハーネス付きリュック」はコレ!

6
ひとり歩きを始めてあちこち動き回ってしまったり、急に走り出してしまったりするなど、事件や事故が心配なお子さんにおすすめのハーネス付きリュックの選び方や、おすすめの商品を紹介しています。

ハーネス付きリュック

 

ひとり歩きを始めたお子さんは周りのものに興味津々であちこち動き回るのが楽しくて仕方がありません。そのためママがちょっと目を離したすきに迷子になってしまったり、ときには車道に飛び出してしまったりする危険もあります。そこで、お子さんの事故を防ぐためにママへおすすめしたいハーネス付きリュックの賢い選び方やおすすめの商品を紹介します。

 

ハーネス付きリュックとは?

ハーネス付きリュックとは、お子さんが背負える小さいサイズのリュックに取り外しができるハーネスが付いており、ハーネスの部分を大人が持つことによってお子さんが急に走り出したり迷子になってしまったりするのを防いでくれるアイテムです。

 

ハーネスをお子さんに使用するという点でどうしても否定的にとらえられてしまうことが多く、ハーネス付きリュックを付けることに日本で賛否両論あるのは確かです。しかし、あらゆるものに興味があって歩くことがとにかく楽しいお子さんは、ちょっと目を離したすきに迷子になってしまったり、ときには車道に飛び出してしまったりする危険もあります。ハーネス付きリュックを使用することで、事故や事件から事前に身を守ることができるのも確かです。特にひとりで複数のお子さんを連れて外出するときや、妊娠中で急に走れないママは、ハーネス付きリュックがあると不安も解消されます。

 

ハーネス付きリュックは必ずしも必要なアイテムではありませんが、お子さんの事故や事件を防ぐためにあって困らないアイテムです。お子さんがひとり歩きを始めて、急にいなくなってしまったり走り出してしまったりする危険があると感じたときに、必要に応じて用意するのが良いでしょう。もちろん、リュックには荷物を入れることもできるので、おむつやおやつなどの軽いものを入れるとお子さんも自分で荷物を持てて喜ぶのでおすすめです。また、一升餅を入れて1歳のお祝いをしても良いですね。

 

ハーネス付きリュックの賢い選び方

ハーネス付きリュックを選ぶ際にはお子さんが背負って転んだりしないよう、お子さんの月齢にあったもので安全性の高いものを選ぶようにしましょう。また、ハーネス付きリュックはさまざまな形やデザインのものがあり、なかにはとてもかわいいデザインのものもたくさんあります。使いやすいなどの実用性はもちろんですが、お子さんに合うデザインのものを探してみても楽しいですね。

 

人気のハーネス付きリュック3選

お子さんがさまざまなものに興味をもってあちこち歩き回るのは成長の証でうれしい半面、事件や事故に巻き込まれてしまう心配もあります。お子さんを危険から守るためにもハーネス付きリュックをうまく活用して楽しい外出をしてみてはいかがでしょうか。

 

※本記事の内容は公開時に確認した情報のため、商品によっては変更となっている場合があります。

 

監修者

助産師 高塚あきこ

保健師・看護師・アドバンス助産師(※)


都内の看護大学にて保健師・助産師・看護師の資格を取得。大学卒業後、大学附属病院の総合周産期母子医療センターにて、助産師として妊娠期から産後のケア、新生児のケアに携わる。9年程勤務した後、出産を機に、横浜市内の総合病院の産婦人科病棟にて勤務し、母子のケアをおこなっている。現在、自身も4人の子の育児に日々奮闘中。 ※アドバンス助産師とは、日本助産評価機構より自律して助産ケアを実践できると認証された助産師の呼称です。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。